前原氏が民進党代表選出馬表明

2016082501001373.jpg
前原さんは前に代表もやった事があるし外務大臣の経験もある。
尖閣諸島も今非常にゆゆしき状態になってますけど、前原さんが外務大臣だった時に例の漁船の衝突事件が起きた。
で逮捕したこと自体は逆に評価すべきだったと思いますけど、その後の対応が最悪でした。
ですから色々自分たちもちょっとまずい事をしてしまったという事もありますが、今のこの状況に対して我々だったらもっとこう考えるよという事を、むしろ前原さんは防衛族と言われて安全保障を一応専門家としている国会議員ですから是非そういう実のある提言というのかな、そういう事を代表選の中で論戦として展開してほしいです。
というのはやっぱり民進党というのは前からこのブログで書いてる様に全く理念も政策も分からない党になっちゃってるんですよ。
だからどんな社会を実現したいのかというのが全く分からない。

蓮舫さんに関しては最初に代表選に出馬すると言ったときには割合好意的に見てました。
というのはやっぱりそのチャレンジ精神はいいなという風に思いましたよ、腰を引く人が多い中で。
彼女が女性であることや台湾系日本人として党首になる事は色んな意味でのアピール効果もあるので、まあいいんじゃないかと思いました。
ただあの会見を見てガッカリしました。
自分が女である事、或いはハーフである事でアピールできることがあると自分で言ったり、或いは「岡田さんは人間的に面白くないんだけど私はユニークな人間だ」って、いや別にテレビのタレントを選ぶわけじゃありませんから。
人間的に面白いかはどうでもいいんですよ。
それよりも民進党という仏は作ってるんだけど魂入れてないみたいな話で、民進党にあなた魂入れられるんですか?という事を聞きたかったんだけどそういう話には一切ならず、彼女が言ったのはこういう事なんですよ。
「私はキーワードは人だと思っている。人に約15兆円の予算を使っていく。例えば日本の最大の問題である少子化の解決についてもあらゆる予算を組み替えて15兆円を捻出して人に使っていく」。
これさあ、前の民主党政権の時に言ってた事と同じでしょ?
一体3年8カ月下野して何やってたんですか?
残念ながらやっぱり蓮舫さんも選挙要因とか遊説要因に使われすぎちゃった。
つまり顔に使われすぎちゃってて勉強してないと思う、政策を。
もっと沢山、自民党の今やってる事に対して切り込む点はあるんですよ。
それからこの人は北京にも留学してたわけでしょ?
だから中国との関係についても「私だったらこういう風に前に進める」とかあるじゃないですか?
なぜそういう事を言わないで、そんな昔の話をまた焼き直して要するに「私が代表になれば民進党のイメージが変わります」ってそんな看板の掛け変えはどうでもいいんですよ。
要するに看板を掛け変えて、何か分かんないけどイメージを変えようとする。
民主党という名前を民進党にしてみたり、或いは代表を蓮舫さんという比較的若い女性にしてみたりという事での目くらましみたいな事はもうダメなんだから、むしろ自分が代表選にまで出ようというんだったら本当に民進党に魂を入れる。
そして今の安倍政権に大分お株を奪われちゃってるんだけど「でも我々だったら前の失敗も踏まえてこうやりますよ」という事をもっとはっきり政策として打ち出さなければとてもじゃないけど応援できません。

それからああいうところで冗談で笑いを取ったつもりかもしれないけど「あの人は人間としてつまらない」だとかそんな下らない事で、それこそテレビのバラエティー番組の経験があり過ぎる。
なんかそういう事で笑いを取ればいいと思ってるかもしれないけど寧ろ例えば台湾の蔡英文の記者会見だとかそういうものをもっと参考にしてもらいたい。
やっぱりちゃんと政策を語らなければだめですよ、政治家は。
でどんな社会にしたいのか?
そういう事を蓮舫さんが自分の言葉でしっかり語って、「やり抜くんだ」という決意を見せれば僕は民進党を全身で応援しますね。
だからそういうところに何で行かないのか?

例えば小池百合子さんがああいう形で女性初の都知事になったり、あれは自民党の方では女性を起用しようとしてるからで、稲田さんを防衛大臣にしたりしてるじゃないですか?
だから民進党の方もなんとなくイメージの良い女性を担いでおこう見たいなのが見え見えなんだけど、小池さんと蓮舫さんは一番何が違うのかと言えば政治家としてのキャリアの長さが違うだけでなく、今までやってきた事も小池さんはそれなりにいろいろあります。
だけどそうじゃなくて要するに小池さんというのは良い悪いは別にして常に何かと戦ってはいるんですよ。
戦いの構図を作るのが上手い。
でも蓮舫さんは誰とも戦ってない。
担がれてるだけ。
そんなんでいいんですか?

安倍政権に対しても、例えば質問で国会に立った時も殆ど揚げ足取りの範囲を出ない。
まるで北京に教えたいのか?というぐらいに「作戦はどうやって展開するんですか?」みたいな事を国会で聞いてみたり。
そういう不勉強が目立つ中で、それでも代表選に出たいというその心意気だけは買いますけど。
ですから前原さんには逆に、前原さんには代表経験もあり外務大臣の経験もあり安全保障の専門家でもあるわけだから、むしろ蓮舫さんというイメージ優先の人に対してもっと成熟した政治家としての政策論みたいなもので論戦を展開してほしいと思います。
関連書籍 民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書)
関連記事

コメント

非公開コメント