元慰安婦支援を閣議決定、10億円拠出へ

m_mainichi-20160824k0000e010245000c.jpg
この記事の真ん中あたりに「10億円の使い道について政府つまり日本側は医療や介護目的を想定していて、財団は元慰安婦や遺族に対し癒し金などの名目で現金を支給することも検討しています」と書いてありますけどこれを読むと日本国民はサーッと頭通り抜けて行くと思うんだけど、ちょっと頭に引っかかるという方もいらっしゃると思う。
つまり日本政府はこう言ってるけど韓国が作った財団は違う話をしてるんじゃないのか?
そう思うんだけどそこは何の解説も無くてスッと行ってるけど、これが特に慰安婦問題についての日本側の報道の特徴です、共同通信も含めて。
考えるきっかけを作るために報道してるはずが、なんか躱してる。
君は政治家か?みたいな話で、報道が躱してどうすんの?
そういう記事なんです実はこれ。

「日本政府は医療や介護目的を想定していて」というのは何の事を言ってるのかというとかつて村山内閣があって自民党が当時の社会党と一緒になって作った政権だった。
その時にアジア助成基金というものを村山総理の音頭で作ってそれは寄付金で運用し、日本国民の税金を使うわけじゃないというのが建前になってた。

日韓合意に僕は反対です。
特に国民の税金から10億円を拠出というのは許し難い。
これを言うと「アジア助成基金だって国民の税金から出してる」と言ってくる人が居ますがこれも嘘というわけじゃなくて、実は基本的にはアジア助成基金は国民の税金から出したんだけど本当は元慰安婦と言ってる人たちは自称元慰安婦と言わざるを得ない。
年齢が合わないんじゃないかという話が何度も出てくるんだけど検証されないままになってて、もちろん建前としては人道のために本人がそう言ってるんだったらそんなに検証したりしないでご本人の仰ってる事を信じましょうという話になってるんだけど、でもそれは人道という話じゃなくて、日本の名誉にかかわることはきちんと検証を経ないといけないんだけど殆ど検証が不十分なまま、自分で慰安婦だと言った人はそうなってしまってる。

で年齢が合わないというのは慰安婦になっていた当時があまりにも齢が小さすぎるという事はあっても、それでも実は高齢になってるから医療や介護の問題があるからそこの部分はという事で5億円をはるかに超えるお金を日本の税金から出してきたんです。
安倍さんはそれを言っていて、去年の年末から新たな日韓合意で「国民からお金を出しても実はそんなに無理に新しい事をやるわけじゃない」という反論をしてるんだけど僕はそうじゃないと思ってて、今回はアジア助成基金を更に一歩嘘の方向に推し進めて、アジア助成基金について総理が言ってる事はその通りであっても、でも中心は寄付金であって税金はいわばそれでもどうしても補いきれない所を補おうとするアシストじゃないといけない。
でも今回は、まんま日本国民がお金払う事になってて、しかも日本側が「これでお終い」と言っても韓国がそうなるはずがない。
仮にパククネ政権の間はなんとかそうであってもその後の政権、特に大統領選挙の季節になると反日をどの候補も競い合う事になるんだから。
そうすると今回は日本政府の方から「国民の税金で終わらせます」と注進してること自体が問題であって、嘘だという事、吉田清治なる人の創作から出来た話だという事は朝日新聞もその部分は事実上訂正した。
そういう僅かな前進があるのにこれは逆行してるのと同じ。

最低限このくらいは記事で解説してください。
身を躱すような記事になってるのは共同通信だけじゃなくて多くの新聞、特にテレビなんか全くそうですよね。
日本国民にきちんと考える機会を与えないという流れになってる。
いわば安倍総理をはじめとする国家権力とメディアが手を組んで国民の目を逸らすような事態になってる。
でその次の「菅官房長官は記者会見で資金の拠出が完了すれば日韓合意に基づく日本側の責務を果たしたことになると述べました」。
これはどういう意味かというと、政府の内部ではこれを手切れ金と言ってる。
要は「これ以上紛糾しませんね?」、そういうお金だという事を、菅さんはもちろん手切れ金という事を言ったりはしないけど「資金の拠出が完了すれば」つまり10億円を一気に払うから、そしたら日本側の責任はこれで終わりだ、あとは全部韓国の問題だ、要は「お終いですよ」と言った。
ところがその後菅官房長官は「少女像の問題解決に向けた努力も含め韓国側に合意の着実な実施を求めたい」と話した。
これは去年の12月28日の日韓合意なるものが実は合意と言いながら要するに口だけ合意なんですが、でも公式な場で発言したから例えば岸田外務大臣の「軍の関与の元」というウルトラ問題発言も日本の外務省のホームページにも記載されてしまってるんだけど菅官房長官がこの記者会見で強調してるのは要するに「口頭であれ合意はちゃんと確認されてますよね?」と。
その合意の中に偽の少女像も実質撤去することを韓国側も合意していたじゃないですか?
それが日韓合意ですよね?
だから10億円払うのであって、という事は韓国側もやる事はやりなさいよという発言ではあるわけです。
でもこれって尖閣も何もかも同じで、ただ言ってるだけ。
言いっぱなしで世の中済むんだったら、民間の苦労してる営業であれ何であれ、或いは子供の教育で苦労してる人たちは何も苦労しないんですよ、言ったらそれでいいんだったら。
それに関連してもうちょっと具体的になったのが次のニュースです。
この次のニュースをどうやって読むのかというのは次回で。
関連書籍 崩壊 朝日新聞
関連記事

コメント

非公開コメント