全てを台無しにするオリンピック報道

5c988ee4841d2c9569b74aa479ea656a.jpg
NHKの視聴率と民放の視聴率が大きく開きました。
NHKが高くて民放がダメだった。
僕はNHK嫌いなんですけどそれでもNHKは正しかった。
何故かというとオリンピックの映像自体が物凄く人を感動させるんですよ。
柔道にしてもレスリングにしても陸上にしてもみんなその映像と勝ったり負けたりしたその瞬間だけで僕らも感動するんです。
NHKは大体そういう報道が中心で終わった。
民放はその後に全然レベルの低いキャスターが出てきて、そいつが変な感想を言うんですよ。
それによって今まで見た死力を尽くして戦ったスポーツの素晴らしい感動が全部台無し。
頬が弛んだ奴が出てきて何か解説してる。
あれは見るに堪えなかった。
SMAPの中居さんが悪いわけじゃないよ?
中居さんですらダメ。
中居さんというのはかなり鋭いんだけど、オリンピックのあの緊迫感、そこで戦った内村航平と比べると天と地の差がある。

それで何を民放は考えたのか分からないけどせっかくいい番組をいつも最後にドカーンと落とす。
その落とす時間がまた長い。
それで下らない事言ってる。
テレビ局の人は何考えてるの?
普通は良い映像が流れた後、悪い映像に切り替えるという事はしないのに全番組をポンコツ映像に変えて、女性アナウンサーがどうでもいい事をしゃべってる。
僕らが感激して、もしそこで映像が止まってたら、つまり内村航平の鉄棒の後の全力を出し切ったというコメントでもし切れてて、あと静かな音楽くらい流していればそれは素晴らしかった。
それを半分くらいやったのがNHKで、他はもうどうにもならなかった。
あんなに感動的な場面を全て帳消しにする物を毎回毎回流す精神って一体なんだ?
だってなんであんなにオリンピック中継の視聴率が高いかといえば、あの感動を味わいたいから。
あの余韻のまま街に出たらそれは良い仕事が出来ますよ。
関連書籍 リオオリンピック全記録 2016年 9/10 号 [雑誌]: サンデー毎日 増刊
関連記事

コメント

非公開コメント