円高進行、再び99円台

2016081801001118.jpg
今円高になっている理由は二つあります。
新聞やテレビを見てると「安定資産である円が買われて云々」という説明をしてるんですけど信用しなくていいです。
理由の一つは円がデフレ通貨だから。
二つ目が円キャリートレードの巻き戻し。
これだけだと何のことなのかさっぱり分からないんですけど、一つ目のデフレ通貨というのは何かというと日本はデフレから脱却していません。
物の値段やサービスの値段がどんどん下がっていく。
そうすると円で持っていると通貨価値が上がっていく。
沢山の物が買えるようになる。
だとすると円で持っていた方が得。
別に個人がやってるわけじゃないですよ?
投資家とか投機家がこういった発想をして円を買っている。
デフレ通貨だからという一つ目の理由。

で、円キャリートレードというのは何かというと、今の日本は異常な低金利の状態です。
マイナス金利とも言われています。
つまり円でお金を調達してそれを外貨に両替して海外で運用するとそれだけで、高金利の国で運用すれば利益が上がってしまう、ノーリスクで。
まあ為替交換のリスクはあるにせよ、そこさえ目を瞑れば高金利、高利回りの国で運用するだけで大きく利益が上げられるという状況。
それを円キャリートレードというんだけど、ただこの円キャリートレードが成立するためには一つ条件がある。
それは何かというと運用する経済が安定している、もっと言えば世界経済が安定してる状況であるならば、日本の低金利という状況を思う存分活用して高利回りの国で高運用できる。
ところが世界経済が不安定になってきた、暗雲立ち込めてきた、何かリスクが発生する、EUからイギリスが離脱するんじゃないか?中国バブルが崩壊するんじゃないか?
何が起きるか分からないという状況になると、とりあえず逆戻しというのが行われる。
何かというとそういった国の通貨を売却して円を買い戻してそして低金利で借りていたお金を返そうとする。
要するに世界経済が不安定になってくると円キャリートレードの逆回転を行って円を買い戻す。
それで円が買われているだけ。
別に安定資産である円が買われて云々じゃない。
一つはデフレ通貨だから、もう一つは円キャリートレードの巻き戻しという事が行われている。

そうすると今の円高にブレーキをかけるにはどうしたらいいかというと、もちろん為替介入という手段が一つある。
そうじゃなければ安定的に為替相場を運営して行こうとすると要するにデフレからの脱却ともう一つは世界経済の安定という状況にならなければ円は下がって行かないと思う。

もうあんまり日経新聞とか見る必要ないです。
なんか日経見ていないと今のビジネスにはついて行けませんよみたいなあのCMがイラっと来るんですよ。
これ読んでない奴はどうせついて行けないみたいな。
だから就職したら日経新聞読んでなきゃ落ちこぼれみたいな。
皆さんも日経新聞に煽られて中国でえらい目に遭ってるでしょ?
関連商品 DVD 伝説のディーラーが語るFX投資の真髄 ()
関連記事

コメント

非公開コメント