殺害したのは「たった1000人」、比大統領が反論

img_27a35a7fbf938a020563412e1cf8973c133642.jpg
確かに僕はドゥテルテをアイドル扱いしてきましたけど人権的観点から見ればとんでもない人なんですよね。
一方ではこれによって、当初300人400人と言っていた時点で50数万人が自首してきてる。
つまり殺されるよりは罪に問われる方がいいという事ですよ。
それだけフィリピンにはその種の犯罪者が多い。
自首してきた人の中には単純に麻薬中毒者という人もずいぶん含まれていたようですけど要するにそういった麻薬に関係してる人というのがこれだけ居るという事です。

ドゥテルテはこれと同じ方法で自分の地元だったダバオを世界で一番平和な都市にしたという実績があって、それをフィリピンの国民が支持して大統領になりましたから確かにやらないわけにはいかないという事なんでしょうけど、単に麻薬に関係していた疑いがあるというだけで殺害するというのはいかがなものか?と国連や人権団体が懸念をするというのもまあこれも筋なんですよね。
ただこれによって治安が改善されフィリピンに新たな発展がもたらされるかもしれない。

日本の三越伊勢丹ホールディングスが発表したんですが、マニラの郊外に大規模な500億円規模の施設を建設すると。
で500億円で何を作るのかというとショッピングセンターがあって尚且つそこにマンションや住宅も建っている、つまりそこに小さな町を作るという事ですけどその発表をした。
意外に思われるかもしれませんがフィリピンに日本のデパートが出来るのは初めてです。
これだけフィリピンというのは戦後日本との関係も深く、いわゆる自由主義圏で、要するに戦後すぐの頃のフィリピンはまあまあ他の国に比べれば早めに豊かになった国であるにもかかわらず日本のデパートが無い。
例えばバンコクとかシンガポールにはとっくにあるわけですけど。
やっぱり今までのフィリピンの情勢というのが中々治安も含めてそういう状況に無かったという事なんですよ。
だからようやく日本のデパートが出るという下地が確保されつつあるのかな?

製造業はある程度フィリピンに出て行ったり、商社もあそこを拠点にして色んな情報収集をするために東南アジアに出て行ってましたけどそれ以外のこういった小売り、或いはサービス業も今後フィリピンにどんどん出て行く。
そういう経営決断をするだけの材料にはひょっとしたらなっているのかな?

そして早速岸田外務大臣がドゥテルテ大統領に会いに行って南シナ海の問題、東シナ海の問題、こういった事に関しては協力して対処しようという話も出来てきたので、まあ確かにこれは人道的にはあまり看過できない状況ではあるけど、でもフィリピンという国の今までの状況を考えるとこういった荒療治を何処かでしなきゃいけなかったのかなあとも思います。

やっぱり中国をはじめとするかつてのブリックス、新興国経済が要するに成長の限界を迎えている。
場合によってはバブル崩壊という状況にも陥りかけている。
となると世界経済全体で見た時に今一番これから成長性が期待できるのはやっぱりアジア太平洋地域の中のASEANエリアなんですよ。
物凄い今経済成長してる。
さっきのデパートの話で言うと例えば伊勢丹はマレーシアに進出してるんだけどそのマレーシアでどういう様な小売りが行われているのか?
日本から運んだ白桃、これ一つ4000円するんですよ。
それが飛ぶように売れる。
ところが桃というのはイチゴと並んで輸送が極めて難しい。
桃ってお尻のところにネットがあります。
そのネットを被せている自分の重み、自重で潰れてきちゃう。
それだけ繊細な果物。
この4000円の桃が仕入れた先からどんどん売れていくという状況。
我々が日本国内で想像してる以上に、こういった高額商品を買えるような購買力が育ってきてる。
フィリピンも実はそうだったんですよ。
恐らく持って行けば売れるんだけど、やっぱり治安の問題からしても売れるかもしれないけどリスクが高すぎる。
それが治安が安定してくるとなるとフィリピンにも日本の農作物を売るマーケット、市場が広がっていく。
双方にとってWinWinの状況になる。
その辺を考えてみてもフィリピンにしてもタイの一部にしても治安が悪化しているというのが自分の国にとっても最大のカントリーリスクでもあった。
だから一足飛びに治安を安定させていかないと成長から取り残されてしまうという側面もある。
ですからここは非常に難しいところなんだけど、確かに犯罪者にも人権はある。
とは言ってもそれに配慮しつつ前に進んでいくとなると成長に取り残されてしまいかねないというリスクもある。
だから恐らくドゥテルテ大統領はそこを一足飛びに進んで行こうとしてる。
それに対して「お前のところは成長しなくていい」と言ってるのと一緒なんですよ、こういう国連の指摘というのは。
だとすると「あなた方一体何やってくれるんですか?」。
「こういうやり方があります、こういうやり方で協力しますからそこは配慮してください」と言うのなら分かるけど、横やり入れてくるって事は成長に棹差してるのと一緒という風に受け止めているからドゥテルテは納得いかない。
関連書籍 D27 地球の歩き方 フィリピン 2016~2017
関連記事

コメント

非公開コメント