JA全農、韓国製の割安肥料販売へ

SAG2016081699000170_id1_20160816021516.jpg
世界で一番安全だと言われる日本の農業の根幹が崩れかねない。
日本と基準が違う外国の肥料を使って育てていった農産物となると今まで日本が胸を張っていた、世界で一番安全だという事が少なくとも説明付かないか、或いはし辛くなる。
そうすると青山さんが選挙中に言っていた大規模農家にするんじゃなくて小規模農家の創意と工夫を生かす。
世界で食料に困っている人々は沢山居て、そこに日本の農業が生んだ良い製品を安くお分けすることで、食料をめぐって争いや戦争になることを防ぐ。
本物の平和国家としての目的が一つ見つかる、という事が根幹から崩れる。
こういう根幹から崩すことを組織的にやるのはいかがなものか?
これは正直考え直してほしいんですよね。

農業のニュースというのは実は専門誌にすごく参考になることが書いてあるんです。
一般の新聞に出てくることが実は少ない。
こういうニュースは「じゃあ日本の農家は普段どうしてるのか?」という事を勉強する機械にもなるので皆さんも一緒に考えて見てください。
このニュースでは「国内の大規模農家にまず販売する」となってます、韓国の肥料を。
この「大規模化」というのが農水省の間違いなんですよ。
大規模にするとアメリカの本当の大規模農家と同じ土俵に立たされて、しかもアメリカ穀物メジャーも含めた大規模農園の経営で農薬もガンガンに使う。
それと日本が同じ土俵になったら負けるし、負けるだけじゃなくて日本の農業を貶めることになるから、小規模の農家、かつては零細農家と言ってましたけどそれを潰して大規模にするんじゃなくて、小さいままの創意工夫、例えば日本の小さな商社の優秀なセールスマン、そういう人たちと組むことによって日本の農業は本当に実は生まれ変わっていくので、これは話が逆なんですよ。
関連書籍 アメリカの穀物輸出と穀物メジャーの発展
関連記事

コメント

非公開コメント