韓国大統領「日韓、未来志向で」韓国議員は竹島上陸

20160815-00000038-jij_afp-000-view.jpg
未来志向とか言ってる一方で韓国議員が竹島に上陸する。
だから衣の下から鎧が見えてるみたいなもので、嘘ばっかり。
口先では平和を唱えながら、日韓友好を唱えながら、一方では韓国がデタラメな実効支配を国際的に訴えている。
一番悪いのは韓国で、どうしようもないんですが、次に情けないのが日本政府の態度。
これについて日本の菅官房長官は記者会見で「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」、こんな事言ってなんか意味あるんですか?
もっと強い言葉あるでしょ?
なんで「こんな事は絶対に許さん」と言わないのか。
さらに「適切な対応をする」って、適切な対応って何だ?
上陸を阻止するしか、或いは竹島を海上封鎖するとか、こういうのが適切な対応であって、口先だけで「適切な対応をする」とか「極めて遺憾である」とか「今後は二度と繰り返してほしくない」とか。
今後二度と繰り返してほしくないという言い方は、またやられるの分かってますよね?

国際司法裁判所にも絶対に出てこようとしない相手なわけですから。
本当はこれ国際司法裁判所に訴えるような問題ではない。
これは韓国の100%不法占拠で、だから裁判に訴えるまでも無いんですが、それでも日本はバカみたいに「裁判しようや」と言ったら韓国は出てきませんからね。

南シナ海でフィリピンがシナを提訴しました。
この問題で韓国結構ビビっている。
「日本がもしこれと同様な事をしてきたらヤバい、完全にやられてしまう」と。
だから韓国議員が竹島に上陸しちゃったのかもしれません。

行為としては侵略ですよ。
よく「憲法9条があるから平和が守られている」と言いますけどこれは大ウソで、平和が守られているのは日米安全保障条約と自衛隊と米軍があるからなんですけど、竹島を奪われた時は自衛隊が無かった。
その翌年に自衛隊が出来たんですが、自衛隊というのは一朝一夕で出来る物じゃない。
その前に自衛隊法を準備したりしないといけません。
ですから韓国の李承晩は「来年まで待ったら、もう竹島は取れない」と見たんですよ。
一年待つと海上自衛隊がありますからね。
だから「自衛隊が出来る前に竹島を取れ」という事で、当時は海上保安庁しか無くて、抗議に行くんですが海上保安庁は当然丸腰です。
その丸腰の海上保安庁の船に韓国軍は銃をブワアアアッと撃ちまくってる。
その写真も残ってます。
海上保安庁の船がもう穴だらけになってます。
死者が出なかったのが奇跡ですけど、要するに丸腰の状態というのは平気で島も領土も奪われるという事なんですよ。
漁民に関しては40数人死んでます。
完全に歴史上の火事場泥棒です。
歴史を直視すると言うんだったらこれを直視してくださいよ。
関連書籍 竹島 ―もうひとつの日韓関係史 (中公新書)
関連記事

コメント

非公開コメント