政府、沖縄でヘリパッド建設続行。反対派抗議

s_ice_screenshot_20160724-021225.jpeg
どうしてほしいの?
返還しようとすると要らないと言う、すごい面積を返還するのに。
返還するのは北部訓練所の半分くらいで、そこにヘリパッドがある。
ですからそのヘリパッドをまだ使う部分に移して返還できるわけですけどこの工事がずーっとずーっと妨害されてる。

続行して返還しましょうと言ってるのになんでそれに反対するんですか?
「山を壊すな」って大家さんに言わないでください。
ヘリパッドを移すだけだから。
昔のヘリパッドは無くなってその部分は山に戻る、だから何も変わらないよ?
何がしたいの?

彼らは理屈関係無いんでしょう。
だってキャンプシュワブの前で「新基地建設反対」って新基地じゃないんだよ、今もあるんだよその基地は。
キャンプシュワブ拡張ですから。

話を戻すとこれ返還すると家賃を取ってる人たちに今まで入ってきてた6億円が入ってこなくなる。
似た事例があって、ある電力会社が海にブイを置かなきゃいけなくなった。
そして漁業権侵害という事で億単位の補償金を漁業組合に払った。
数年経ってブイが必要なくなったからそれを撤去しようとしたら「何言ってんだ、今ここで魚が産卵してるんだ、これを取るんだったら漁業補償しろ」ってまた撤去するのに何億円か払った。
それに似てる。
だから今「返還だ」と言うと「金が入らない、どうしてくれるんだ」ってなるし拡大しようとするとまた「補償だ」と言う。
結局何をやろうとしても「反対反対反対」。
それが日本政府やアメリカを困らせることになる。

要はあの土地は水源地なので開発不能です。
ですから今までよく貸してましたよねある意味。
で今回それが戻って来る。

沖縄でデモをしている人たちには特徴があって、あれはプロのデモ隊ですから。
あの工事が終わって返還されるとそこではもうデモが出来なくなる。
それでもし辺野古を作ってしまえばその人たちがどうなるかと言うと恐らくどこかの原発の前に行って反原発活動をやるでしょう。
とにかくどこかでデモをやるというのが生活掛かってる人たち、職業活動家と言われる人たちです。

余談ですが県警は違法行為が目の前で行われていてもほとんど取り締まりをしない。
脅迫されるから。
じゃあ何のための警察なんですか?
地元の県議会議員は「沖縄県警のボス誰だと思います?翁長知事です」と得意げに言ってる。
だから反対運動というのは翁長知事の意見に賛成の人たちですからそれを取り締まろうとすると「知事の顔を潰すのか」という事になって、司令があるのか慮ってるのかどっちか分かりませんけど警察は取り締まれない。
だからしょうがないので機動隊を送り込んでる。
そっちの方がよほど健全だと思う。

違法行為は取り締まらなきゃダメです。
辺野古のキャンプシュワブ前なんて違法駐車とかテントとか、あれ全部違法なんです。
違法なものはちゃっちゃっと対処しないと、違法を野放しにしたら認めてる事になっちゃいますから。
それを後で検挙することが出来なくなります。

選挙法違反も後を絶たなかった。
お金が飛び交ってたんですが、それも完全に無視ですから。

地元の人が怯えちゃってる。
地元の二十歳の女性が車で家に帰ろうとしてキャンプシュワブ前を通った。
そしたら「止まれ」って言われて「お前どこに行くんだ」と屈強な男に囲まれて「どこだ、住所を言え」と言われて、それで最後泣きながら帰ってきた。
そういう事が起きてる。
無法地帯。
それでお母さんが「それは問題だ」と市に抗議しても誰も取り合わない。
あまりにも不毛。
翁長知事の頭の事を言ってるんじゃないですよ?
でも新しいのに変えた方がいいよ?
飽きた、あのヘアスタイル。
自由に変えられるからいいんじゃないですか?
ところが翁長さんの帽子を作ってらっしゃるところが沖縄にあるんですがそこの社長が最近怒ってて「もう二度とあいつのは作らねぇ」と言ってる。
何故かというと政治的な意見が合わないから。
そこが一番技術があるところらしいんですけど「二度とあいつには作らねぇ」と言ってる。
だから古くなったら通販で買うしかない。
だからどんどん資質が悪くなる。
その原因は社長がブチ切れてるという事です。
その場合でも翁長さんは決して中国製の物は被らないようにしてほしい、質が悪いですから。
関連書籍 普天間・辺野古 歪められた二〇年 (集英社新書 831A)
関連記事

コメント

非公開コメント