都知事選、小池氏優勢。増田・鳥越氏が追う

WS000111.jpg
今回は浮動票がカギですから組織選挙になった時にはマスコミの票読みは固いんだけど、浮動票が決する大きな要因になると予想は難しいです。
今回は舛添さんのああいう形での辞任の後の選挙なので各候補とも準備が無い。
結局知名度。
「政策論争をしてくれ」とメディアは言うけど政策論争そのものが今回の都知事選挙ではテーマになりそうでなってない。
どういう事かというとやっぱり東京都というのは一自治体ですよ、いくら大きくても。
国政が決めたことに関してという部分に東京都ができる事って限りがある。
その部分で言えば地方自治で何を粛々と進めていくかという事を出したら都民のために何かやろうという時にそんなに差があるはず無いんですよ実は。
ところが国家の根幹に係わる様な事を問題にしてやるというのであれば、例えば外国人の地方参政権をどうするんだという様な事をテーマにするんだったら大きな差が出てくる、今回でも一部ではそれを問うてはいる。
けれども各候補ともそこは前面に出さない。
ここがやっぱりみんな狡いと言えば狡い選挙をやってる。
僕が気になってるのは国家の根幹に係わる様な事を東京都知事としてどう考えているのかというところで誰に一票を入れるかを決めればいいと思うんだけどその辺の切り込み方はメディアもしないし、待機児童がどうだとか福祉が何かというのはやるべきことにそんなに差が無い。
そういう意味で今小池さんが優勢だというのは小池さんの出馬の仕方で色々言われたけど結果的には「そろそろ女性がなってもいいんじゃないの?」というところは共感を呼んでると思うしもう一つ「自民党が小池さんを不当に虐めてるんじゃないか?」とも見られている。

今回都連は全然上策だったとは思えなくて、もちろん最初の会合の時に出馬の意向を言わなかったにもかかわらず突然という事で不機嫌になるのは分かるけど、官邸から見ればハッキリ言って小池さんになったって増田さんになったっていいんです。
どっちもいうこと聞くでしょ?って事になるからどの道。
ただ官邸がどっちでもいいという事だったら今回作戦が悪いです。
二つに分かれるから。

石原伸晃さんが色んな感情的な軋轢があったにしても例えば逆に小池さんに恩を売る事だった可能だったわけだし「分かりました、じゃあやりましょう」と言う事が出来れば。
妙なメンツとか色んな感情がある中で結局党としては、官邸としては桜井さんを出したかったわけです元々は。
で桜井さんも出ないとなった時に結局岩手県知事をやった人を持ってくるのか?
で岩手県知事時代にどういう発言をし、どういう政策をしていたかという事を精査すればいきなり都知事の候補に持ってこられるはず無いんですよ。

小池さんはもちろん政界遊泳術が巧みで細川さんから小沢さんから小泉さんから、今回は先の総裁選挙の時に安倍さんから石破さんに乗り換えてという事で安倍さんの不興を買ってもうこれで自民党に居ても当分自分の目は無いだろうという事でまさに崖から飛び降りて都知事になることを選んだと言われている。
それはある程度当たってると思いますが、国家間、歴史観という事で言うと石原慎太郎さんが「東京をてこに日本を変える」と言って出馬した。
似たようなフレーズを今鳥越さんが使ってるんだけど石原さんが考えていたもの、東京ダイナミズムというものから国政にも影響を与えつつ東京を活性化していくという方向だった。
今回の候補の中でそういう雰囲気を少しでも感じられる候補が誰かと言えば小池さんが一番、表現軽いけどちょっとはわくわくさせてくれそうだなみたいなものがあるんだと思う。
だからそれが浮動票の獲得にプラスに働いてるんじゃないか?
国家間に係わる問題で言うと外国人の地方参政権の問題であるとか或いは韓国人学校の土地をどうするかという事に関しても一番ハッキリ言ってるし最初からそれを言ってた。
その辺がウケてるんじゃないかな?

鳥越さんに関して言うとジャーナリストとしてのキャリアは非常にハッキリしてるけど首を傾げざるを得ないようなことが沢山ある、ジャーナリストとしても。
例えば都知事選挙で彼は介護離職について語ったんだけど介護離職者がどういうものか分かってない。
つまり肉親の介護をしなきゃいけないから今の仕事を辞めて介護しますというのが介護離職。
でも彼は、「給料があまりにも安くて本当は介護職を続けたいんだけどやむを得なくて介護職を離れていく事を介護離職と言います」ってあんたそれ違うだろという話であまりにも安易だしこれって言葉尻を捉えてどうのじゃなくて基本認識がどうなんですか?という事です。
都知事選挙に出てる人が基本的なところを間違える、もしくは理解できてないというのは問題だし、もう一つ根本で言うと野党全部の統一候補というのはやっぱりおかしいんですよ。
そもそもの政党の政策や理念が違うのにその候補者を勝たせるために全部一致してやりますというのは、大同団結みたいなイメージで語ってるのは全く間違えていておかしなことです。
これはほんとに健全な野党が居なくなったという事です。
だって民進党と共産党が連携できるなんてのがそもそもおかしい。
だったら政党解体して一緒になって一つの新しい政党になってなきゃおかしい、少なくとも筋を通すなら。
これはほんとに選挙に勝つためだけにやってるに過ぎないから、そんなところからまともな政策が出てくるはずがない。
関連書籍 浮動票の時代 (講談社+α新書)
関連記事

コメント

非公開コメント