ポケモンGO、米国で割れる評価

img_4732f5cad0b03f1991ed7cfe15f3fd72108744.jpg
アーリントン国立墓地までこのゲームの攻略範囲に入ってる。
あそこは正式なところなので当然騒いではダメです。
だからゲームをやっている人たちがそこへ行ってルールを守れるかどうか?
守れないんじゃないかな?
或いは博物館が対象になって普通のお客様が迷惑されるという事がこれから起きてくるかもしれない。
しかし考え方としてこれは最高です。

ポケモンで日米関係をどれだけ良くしたか。
本当にアメリカ人は日本人が大好きなんですよ。
その理由はポケモンだからです。
ですからこれでさらにそれが強くなってくる。
任天堂の株価も凄く上がった。

日本文化のソフトパワーとして知名度的にはゴジラと並ぶというか、ポケモンの方が全然上。
だってポケモンって子供たちが全員やってるんだもん。
悪い言い方をすればそれだけアメリカ人を洗脳してるみたいなものです。
マクドナルド方式なんですよ。
子供の頃から覚えさせる。
「日本ってこんなに楽しい国だよ」と。

通常ゲームは部屋の中で座ってやる。
そうじゃなくて出て行くわけだから運動にも繋がるのでゲームの一つの問題点をクリアしてる。
引きこもりにはこのゲームは出来ないんだから。

そのくらい子供の段階から馴染んでると日本発のゲームだという事を知らない子も居るんじゃないのかという気もしますがそれは無いです。
任天堂が日本の会社だというのはちゃんと分かってます。
だからみんな日本が好きなんですよ。
まあアニメもあるんだけどポケモンが一番ですね。
このブログでたびたび批判の対象になっている外務省よりポケモンの方がよっぽど外交能力に優れてます。
日本のイメージをアメリカで確立させるという意味においては外務省なんか問題にならない。

確かに最近アメリカ人の日本好きって凄いレベルに来てる。
日本車を運転するし、しかも全然壊れない。
子供たちはポケモンやってるし、オタク文化も凄く浸透してる。
コスプレパーティーをユタ州のコンベンションセンターでやると10万人単位で人が集まる。
あれも日本発だというのはみんな知ってます。

80年代は日本が叩かれてた時代です。
それでほとんどのアメリカ人が日本も中国も韓国も区別がつかなかった。
しかし近年は逆にちょっと引くんですよ、アメリカ人の日本好きっぷりに。
色んな事を聞かれ過ぎるんです。

あと向こうでお寿司屋さんやってるじゃないですか?
僕たちは日本人ですからなんちゃってじゃない日本人がやってるお寿司屋さんって分かるわけですよ。
そこに連れていかれるわけだけど日本人は別に行きたくないんです。
何故かというと日本から来てるのにアメリカに行ってまで寿司を食べたいと思わない。
でもアメリカ人は「自分たちはちゃんと違いが分かってるんだ」という事を知らせるために日本人を寿司屋に連れて行って「どうだい?分かってるだろ?」って事をアピールしてくる。
いいからそんなアピール別に。

或いは日本の事について、一緒にご飯を食べに行ったりしたときに初めての人が居るとするでしょ?
初対面の人。
でもやっぱり日本が好きというか日本に興味が異常にあるのでもう質問が多すぎて正直疲れる。
で、あんまり神道とか禅について深い事まで聞かれてもうまく説明できない。

アメリカ人にしてみれば日本はまだ神秘的なところなんですよ。
その神秘的なところがやっぱり憧れの的になる。
そして神秘的なところの深い部分まで知りたい。
ですから中途半端な説明でいいですよ。
神秘的なところが残ればいい。
知ってしまえば「もういいや」ってなるから。
関連書籍 ポケモン空想科学読本1
関連記事

コメント

非公開コメント