陛下のお気持ち近く表明へ、宮内庁が形式検討

2ccdc26f.jpg
このニュースはなかなか軽々にコメントできないというところがある。
近く陛下が直接お気持ちを表明されるという事で、僕はちょっとその是非もあると思うんですけど、但しそれが済まないと中々このこと自体について軽々にコメントできないと思う。

ただちょっと気になるのはこれは複数の方が指摘されてる事なんだけどメディアが生前退位という言葉をやたら連発してる。
こんな言葉どうして使うの?
殆どの日本のマスメディアって日本に対してどういう日本観を持ってるの?
それこそ日本人に対する感覚を持っているのかと思うんですよね。

そもそも生前退位じゃなくて普通に譲位と言えばいい事でしょ。
ご譲位と言えばいい事じゃないですか。
生前贈与とか色々あるけどこういう言葉を付けることに対して何の抵抗も無いという事が、僕は同じ日本人としてどうも受け入れがたい。
むしろこんな言葉、僕は聞き始めですよ。
譲位という言葉は色んな歴史的な物を読んだりする中でこれまでも触れたことのある単語だったんだけど生前退位なんて言葉は逆に初めて知りました。
ですからこんな不自然な単語が当たり前のようにたくさん見出しに出てくること自体にちょっと異常な感じを僕は受けたんですね。

これを受けて例えば政治家にもマイクは向くわけですよね。
それを受けて与党側の政治家、安倍総理をはじめとしてですけど「今のところ正式にどうこうという話ではないから、この事についてはコメントできない」と言ってるんですね。
これが筋なんですよ、基本的には。
これに対して一番多く言葉を話してるのは岡田代表なんですね。
余計な事言ってますね。
皇室典範云々という事まで言ってるんだけど我々が巷で日常会話で言うのと全然違うわけですから。

残念ながら陛下のこういう事が流れてきた。
通常は宮内庁や皇室に詳しい例えばジャーナリストなんかに聞けば、要するに陛下は今お休みされてます。
御静養中に出るという事は異例中の異例であるらしいんですよ。
ですからその事に対して公人である政治家が、言ってみれば噂話のレベル、これに対してコメントをするというのも本来だったらちょっといかがなものかなあ?
ましてや識者と言われる人も含めて、普段天皇陛下や皇室に対して殆どこれっぽっちも関心無いだろうという人たちがやたら多くを語るんですね。
「実は陛下はこういう真意じゃないか?」とか、いやあなた達さあというね。
普段なんにも関心無いでしょ?
知らないのにコメントしないでほしい。
それでもう忖度合戦みたいになってる。
日本もそういう意味では大分いかれてます。

我々日本人でも言葉を知らない。
譲位という言葉もそうだけど、皆さん報道だけ見てますから事実は分からないんですが「陛下のご英断」と言ってる。
でも陛下のご決断というのは聖断と言うんですね。
そういう言葉を知らないんですよ。
これどういう事かというと50代くらいの世代でもそんなこと教わらないんですね。
じゃあ一応ぎりぎりその世代で知ってる人間も居るのは何故か?
それは家庭教育なんですね。
その世代の家庭にはまだ明治産まれの祖父母が居て、戦前生まれの父と母が居たわけです。
当然その人たちは学校でもそういう教育を受けてますから、そういう言葉というのは間違えないわけですよ。
そして田舎だと御真影(天皇・皇后のお写真)が飾られている家も全然珍しくなく、それは単なる肖像写真じゃなくて御真影と言うんだという事も合わせて家庭で教わる話だった。
これが今全然無いでしょ?
ですからどんどん日本の色んな文化が無くなっていく事の一つは、もちろん陛下や皇室に関することもそうですけど日本のそういった家庭教育が喪失していってるんですよ。
とにかく学校で勉強していい大学に行けばいいじゃないかという事しか無いからそれ以外の教養に対して重みを感じてない。

新聞の敬語がもう滅茶苦茶。
書いた記者は分かってないとしても編集長くらいは分かってるだろうと思いたいんですが、分かってないです。
特に戦後の日本においては「あまり分からなくてもいい」くらいに軽んじられてきた。
そこも問題だと思います。
関連書籍 日本の礼儀作法~宮家のおしえ~
関連記事

コメント

非公開コメント