東京都知事選昨日告示、自民分裂・野党統一

tbsnewsi-63367_news2820044_6.jpg
増田さんは地方行政に通じた人ですけど研究者としても、要するに自治体が消滅するって事を理論化した人です。
沢山異論あります。
激しく否定する意見もあるんだけど注目点の一つは自治体が消滅するって要するに田舎の自治体が過疎になってみんな消滅すると思ってる時に増田さんとその研究チームは「東京都豊島区が無くなる」という議論をしてる。
これにも激しい異論ありますよ。
ありますけど実は一極集中に見えてる東京、今回も日本全体で27万人、過去最大で人間が減ったのに東京だけは8万人増えてる。
だから東京はどんどん膨れ上がっているように見えて実は極めていびつな構造、特に子供が作れない構造になってるから豊島区は消えてなくなるんじゃないか?
そう言ってる本人に東京都政をやってみてほしいと僕は正直思ってます。
実務能力は実際ある人だし、それからやっぱり舛添であれ猪瀬であれ知名度選挙になってきたから。
増田さんが一番知名度無い。
知名度無いからいいという事ではもちろんないですよ?
但し人口減と自治体消滅がほんとに結びつくのか?
そう思うならホントにやってみろ。
じゃあ豊島区が無くなるだけじゃなくてどういう風に東京を再構築して東京オリンピックを迎えるのか?
同時に別な意味の消滅。
つまり大震災が必ず来るのをどうやって防ぐのか?
それを考えるとやっぱり実務家が相応しいと思う。

小池さんについては今回の件でも自民党中央は怒り心頭らしいけどまあよくやってますよ、問題提起としては。
小池さんは沢山の優れた能力を持ってる。
クールビズの事実上の発案者だったり、マダムすしと言ったり。
実はアメリカ国務省と国防総省から「日本の注目する女性政治家で英語を喋れる人を誰か紹介してくれ」という話があった時に小池さんの名前が上がった。
小池さんが中東カタールで開かれた国際戦略会議に行ったとき、国務省と国防総省から人がやってきて英語で小池さんと会話した時、それまでにぎやかに英語で話してたのに終わった後、アメリカの評価は凄い厳しかった。
知らない事を知ってると言ったから。
一瞬です。
それでバサッと切って「また違う人を紹介してくれ」という事になった。

増田さんの件も、増田さん急に政治家になろうとしてますよね?
小池さんに対抗するために。
でもやらない方がいい。
急に小池さんを貶めるような話をしてるけど政治家ぶらない方がいい。
実務家のままで居た方がいい。

小池さんに話を戻すと一瞬で見抜かれるところ。
それは一枚の紙の裏表なんですよ。
だからクールビズとかマダムすしという面白い事を一緒に言える才能と、実務者というのは日本で言う専門家と海外で言うのは意味が違ってて、実務者だけが専門家なんですけど、実務家で、出てきた話のある部分を知らなかったり曖昧だったら、そこをそのままにしたらえらい事になるわけです。
だから「ちょ、ちょっと待って僕はそこは知らない」或いは「ここは専門分野じゃないから説明して」と必ず言わなきゃいけない。
で国防総省、国務省から来た人は全部実務屋だから、だから彼女の事を「あの点一点だけなんだけど知らなかったのに知ってるふりをした」と言った。
だから小池さん、これから頑張って都知事になるのであればそこを謙虚にもう一度見直して、選挙戦では分からない事は分からないと言ってほしい。
マダムすしじゃなくてニュー小池になってほしいと思います。

それから鳥越さんは、言ってる事が基本的に違うと思う。
憲法改正のムードになってきたから都知事になる。
東京都って何のためにあるの?
地方行政と国政をぐちゃまぜにしてて、したがって何を物語ってるかというとそれが出馬の動機という事は評論家のまま出るという事ですよね?
だから「公約まだ作ってないよ」と平気で言う。
メディアの方は鳥越さんに甘いから「公約作ってないって何だよ」とはならなくて「なんか無いんですか?」って言われて苦し紛れに「待機児童」それから「少子高齢化」という誰でも言えることを言う。
で自分は癌だったから癌の話を時間が経っても言う。
こういう風にまた都知事選が低きに流れてるという事を懸念します。
関連書籍 東京の副知事になってみたら(小学館101新書)
関連記事

コメント

非公開コメント