バーナンキ前FRB議長、安倍首相に「ヘリマネ」推奨か

m_reuters-20160711027.jpg
政府が財政政策を行いますよね?
なんでもいいです。
減税でもいいし商品券撒いてもいいし公共事業やってもいいし防衛費を増強しても何でもいいんですけどその財源をお金を刷って賄いましょうというのがヘリコプターマネーです。
わざとインフレにするんです。
何故かというと今デフレだから。
もう沢山刷ってるじゃないかと思うでしょ?
まだ足りないです。
もし足りてるとしたら物価がもっと上がってなきゃいけないし失業率がもっと下がってなきゃいけないんだけど物価はまだ0.7%くらいだし失業率もまだ3%以上ですから。
理論的には2.7%まで行くんですよ、日本の自然失業率は。
なのでもう少し金融緩和の余地がある。

今年間80兆円の国債を日銀が買いあげて370兆円ぐらいもう日銀が持ってる。
で借金1000兆円って言われてるでしょ?
その約4割をもう日銀が持ってるんですよ。
だから実はもうヘリコプターマネーやってるんですよ。
更に本当にうれしいお知らせなんですが、財政再建終わっちゃいました。
何故かというと国債の4割を日銀が持ってるわけでしょ?
そして今出てる国債って20年債までマイナス金利ですよ?
てことはお金を借りると金利を貰えるという不思議な国債なんです。
で政府にもう600億円くらい、国債売って金利収入が入ってきてるんですよ。
もう財政再建終わりです。
だって国の資産が650兆あって日銀が370兆持ってるから合わせると大体1000兆円でしょ?
だからほとんど日本の借金って無いんですよ。
だから金利が安い。

その刷ったお金はどうやって手に入れるのか?
配り方が問題です。
一応法律上の制限が色々あるので「金融緩和の限界だ」とかアホが言うんですけどぶっちゃけ法律全部無視するとしたら日銀で刷って「早い者勝ちでみんな配ります」と言ったらみんな取りに来るでしょ?
それでもいいんですよ。
もしくはお札に期限が書いてあって「2年以内に使わないと権利無くなります」とか。
するとカーニバルになりますよね?
カーニバルを起こすことが大事。

いつまで言い続けるんですかね?
「国の借金1000兆円越え」って。
国民が政府に貸してるお金ですから資産です。
しかも「国の借金を家計に例えると」って言ってますがあれちゃんと例えてないんですよ。
正確に例えるとまずお父さんが居て永久に死なないんです。
だって政府は永久に続くでしょ?
しかもずーっと若いままバリバリ働ける。
そして仕事は何かというと町内会を回ってお金を集める。
これは徴税権です。
で、お母さんは偽札作りの名人。
中央銀行ですから。
そういう風に正確に例えてください。

その家計が1000兆円という巨額な借金を持ってるんですけど片方で住んでる家とか貯金を合わせると650兆円まず資産がある。
それにプラスしてお母さんがニセ札刷って370兆円自分の家で繰り出す手形をもう持ってるわけです。
もうほとんど借金無いんです。
だからマイナス金利出来るんですよ?
これジンバブエの中央銀行総裁が「いいか、今日からマイナス金利だ」とか言っても誰も付き合わないですよ?
「ふざけんな、金利50%だ」ってなるでしょ?
日本は黒田さんが「はいマイナス金利」と言うとなっちゃうんですよ。
何でかというと力あるから。
誰しもが認めざるを得ないようなパワーがあるわけですよ。
だって政府は資産持ってるししかも今デフレなのでお金いくら刷ってもインフレにならない、しばらくの間。
物凄くポテンシャルがある。
だからみんなマイナス金利でも平気で国債を買ってくる。
国債の値段上がり続けてますから。
関連書籍 「借金1000兆円」に騙されるな! (小学館101新書)
関連記事

コメント

非公開コメント