選挙の結果から見る現在の沖縄の民意

_DSC2862.jpg
自民党はある意味圧勝だったんですが、ただ福島と沖縄という問題を抱えている件で自民が負けました、それも現職の方が。
福島の場合はずっと政府が嘘つき通しですから当然県民としては「現在の政権はダメです」と投票しますよ。

沖縄について。
今度の選挙は沖縄の人の民意をきちんと表していると思います。
というのは沖縄の人は中国が来るのは困るんです。
だからと言って沖縄の女性134人米兵に殺されて「それでもまだ手を打たないのか?政府は何をしてるの?」というが結果に反映されたと思います。
ですから右寄りの人は「沖縄から米軍が引き揚げちゃったら中国にすぐ占領されるじゃないですか?」ともちろん言います。
だけど沖縄の人の立場に立って見てください。
民主主義というのは必ず相手の立場に立って相手の言い分を聞くというのが一番大切です。
その上で「そんな事分かってるよ」というのが沖縄の人の感情だと思います。
「アメリカ軍が居なくなったら沖縄は中国に占領される。だけどアメリカ軍が居たら家族の女性が殺される。二つとも事実なんだ。お前らは適当なところだけ取るな」というのが今度の選挙の結果だと思います。
沖縄の人たちが何を言いたかったのか?

かつて沖縄は大量の戦死者を出して民間人も死んでそして日本を守ってくれた、ある意味では。
そうやって頑張ったんだから、しかし戦後になって我々のところにアメリカ軍が居て次々と女性が殺されるという事をいくら言っても「それはお前我慢しろよ」とずっと言ってるじゃないかと。
それは本当に沖縄の事を考えてるんですか?という事を選挙で示したんですよ。
僕はもちろん沖縄に米軍が居なくてどうやって守るんだろうなと思ってる。
思ってるけど方法が無いわけじゃない。
自衛隊を大増強すればいいし、別に沖縄本島に軍隊置かなくたって人工の島か無人島を整備してそこに絶対に中国が来れない様な要塞を作るという事も出来る。
だから家族の女性を殺されるのが耐えられないから米軍に引き揚げてもらうのと、ある島に要塞を作るのとどっちが容易かというとある島に要塞を作った方が良いかもしれないんですよ。
「それを何故本土の人が考えないのか?沖縄だからとバカにしてる」と沖縄の人は判断して今度の選挙で結果を出してる。
これはやっぱり真剣に考えるべきだと思います。

僕は沖縄の人と判断は違います。
そして「お前はいつも言ってる事が違う」とも言われます。
僕が今書いてきたのは僕の考えを言ったんじゃないんですよ。
沖縄の人が今度の事でどう判断したのかという事を書いた、沖縄の人の代わりに。
それは僕の考えとは違うんだけど、まず結果が出た時はその結果に対して相手の気持ちになってまず話さなきゃいけない。
ところが皆さんお忙しいからそういう事をやらない。
直接「そんなのはおかしいよ、沖縄にちゃんと補助金行ってるじゃないか、アメリカ軍が居なきゃどうやって中国から守るんだ?」と言う。
それはそうなんだけど今度島袋さんが落選したのは何故か?
その時に多くの人が「沖縄の人が間違ってる」ってなっちゃう。
じゃあ何で間違ってるんと思うんですかと聞くと「俺の意見と違う」と言う。
それはダメ。
それは民主主義じゃない。
「僕の考え」というのは御釈迦様に決めてもらう事。
だから沖縄の人が間違ってると考えるんじゃなくて、「自分も正しいかもしれないけど沖縄の人も正しい」そう思ってまずは自分が一歩引いて沖縄の人はどう考えているか?
自分の主張が先に来ないという事が正しい。
今度の島袋さんが負けたことについてもそういう風に考えなければやっぱりいい方に進展しないと思います。
関連書籍 激動の昭和史 沖縄決戦
関連記事

コメント

非公開コメント