中国人への観光依存

中国人への観光依存
インバウンド(外国人が訪れてくる旅行のこと)というものは相手が中国であろうが無かろうが物凄く色んな影響を受けやすい水物的な産業なんです。
例えば今円高がグッと進んでます。
これでたぶん観光客は減ると思います。
今まで円が安かったので日本に来たらすごくメリットがあったんだけどこれが100円を窺うような世界になってきたり100円を切ってくると途端に観光産業に影響が出るんですよ。

ただちょっとみなさんに勘違いして頂きたくないのは日本国内の観光関連産業、大手旅行会社含めこれは円高になった方がグッと収益が上がります。
何故ならばこんなにたくさん来ている中国人のインバウンド客というのはほとんど日本の旅行会社で扱ってないですから。
あれは中国の旅行会社を儲けさせる政策でしか無くて、日本の大手の旅行会社はほとんど扱ってないんですよ。
だから円安のメリットは日本の観光業界には実は無いんです。
そういう事にも影響を受けやすいようなそんな水物な産業に日本が依って立つというような方針を政府が出していること自体が問題です。
この点に関しては今の安倍政権にはずっと批判をし続けたいと思います。

中国のそれこそ中南海の中をよく知る中国人が外へ亡命してからあるレポートを書いてます。
それは今の政権の前、胡錦濤政権の時にこれは明確な工作方針として台湾に年間50万人コンスタントに旅行客を送りこめ、そのために中国企業に対して補助金を出せ、職場旅行をやるように。
そういう風にすることによって何かあった時にそれをカードとして使えるじゃないですか。
50万人ですよ?
あの台湾という小さなところで。
これは大きいわけです。
それと同時に台湾で50万人だったら日本では最低100万送りこめと。
ところが今どうなってます?
100万どころの騒ぎじゃないですよ、中国からの観光客は。

但し全体の日本の観光産業を支えているのはまだまだ国内の日本人の観光客なんです。
であるにもかかわらず「中国人は凄い凄い」という事を毎日のようにマスメディアがやる。
爆買いだのなんだの何年間にもわたって年がら年中やってる。
そうすると洗脳されちゃうんですよ。
本当に中国人の爆買いが凄いんじゃないかと。
で、もうそろそろ中国の爆買い需要が終わるころになって銀座辺りに突然大きな免税店が出来たりしてるでしょ?
そういう風に釣られてしまうんですね。

実際に数年前に尖閣諸島で色んな問題が起きた時に中国側から「1万人の観光客を止める」という恫喝は来たんです。
その時はさすがに日本国民が「何言ってんだ?」という感じだった。
それは何故ならばまだ1万人だったからなんですよ。
もちろんそれによって困った人たちは居るけどでもまだ1万人だったから。
でもこれがもっと大きな数字になっていった時にはやっぱりそれに膝を屈するようなことになりかねないんですよ。
あの強気のエルドアンだってロシアに対して頭を下げなきゃいけないと思うに至るのはこういう事があるんです。
だからどういう産業で国を成り立たせていくのかというのは極めて重要な極めて戦略的な問題で、今の政権の例えばアベノミクス全体を見た時に第三の矢と言われた成長戦略。
この成長戦略の中身が無いんですよ。
そこで一番ホープとして出てきたのが観光なんです。
でどんどんインバウンドを増やしている。
目標前倒しにして2000万を達成した、次は3000万だと言ってやってるんですけどその中身を見るとどんどん中国に対してビザを緩和してるんだから中国人が入ってきてるんですよ、かなりの数。
これが向こうに政治的カードを与えているのと同じことになっている。

もちろん東南アジアの人たちも増えてますよ。
だけどやっぱり中国に対する依存度を自ら増大させているのは日本の政策なんですよ。
関連書籍 「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい
関連記事

コメント

非公開コメント