中国主導銀行AIIB、加盟国急増

20150507032817sdofpi.jpg
うまくいくとは思えません。
一応出来上がって一部は払い込みが終わってと言うんだけど実際に動き出すためには払い込み資金を基金にして、それをベースにして債券を出すわけです。
それを世界市場に出して世界中から資金を集める。
要するに各国が拠出したお金で運営するんじゃなくてそれを担保にして債券を発行する。

ADB(アジア開発銀行)は日本とアメリカが中心だし信用性はものすごく高い。
だから金利も銀行預金と同じですごく低利です。
ところがあやふやな債券だとリスクを伴う。
もしかしたら返ってこないかもしれない。
元本保証がされない恐れがあるので10%だとか20%だとか、限りなくジャンク債券に近い。
それがAIIBだと言われてた。
ところがいざ蓋を開けてみたら値段も付かない。
つまりパーセンテージ、20%とか30%という数字すらつかない。
それぐらい信用不安がある。

中国が一生懸命なのは分かるけど、自分の国で持て余したセメントと鉄鋼。
これは今ダンピング(採算を無視して商品を安売りすること。投売り)だと言って虐められてるけどあれをなんか有効活用するには何かデベロップメント(1 発展。進展。2 土地や住宅などの開発、造成。3 ソフトウエアなどの開発、製作)しなきゃいけない。
その一つの窓口にするつもりでしょ?

全然その思惑通りには行ってません。
値が付かないという事がそれを示してますよね。

加盟国が増えてると言ってますが加盟国がいくら増えても一番大事なのはお金がどれだけ集まるかです。
変な話加盟国がどれだけ増えても、キツイ言い方しますが貧乏国がいくら増えても、アメリカと日本が入って無ければ意味ないですよ。
イギリスが入ってると言いますがイギリスがどれだけお金出すの?という話です。

大体中国がルールを守るかどうかも分からない。
中国に明日があるのかどうかも分からない。

朝日新聞なんかを見ると「AIIBがADBを凌ぐ」みたいな見出しになってる。
結局それは参加国が増えてるからという理屈。
それだけで見出しとってますがこれは明らかに詐術ですよ。
書かなきゃいけないからなんか書くんだけどそれも中国が悪くないように書く。
印象を悪くさせないようにという作意が見え見え。
という事は作意を使わなきゃいけない。
そうやってニュースを流す以外手が無い。
という事はこの報道自体が完全にインチキ。

お金が欲しい国ばかり集めてもしょうがないんですよ。
一言でAIIBの実情を言うとこうなります。
ゴミが大きなゴミになっただけ。
関連書籍 AIIBは崖っぷち中国の延命トリックだ
関連記事

コメント

非公開コメント