EUと「自由貿易続ける」離脱派ジョンソン氏

n-BREXIT-large570.jpg
元々英国はEUとそりが合わない。
だからいずれこういう格好にはなってた。
今までもどっぷり両足浸してたわけじゃなくて、ポンドは残してユーロは使わないようにしてた。
だからユーロを使わない所は「私はユーロに片足くらいしか入れてませんよ」というポーズをしてた。
さらに今度は難民問題。
英連邦の中にはイスラム圏もありますから。
そういうイスラム圏の対応やなんかでもう嫌気がさしたんじゃないか?

キャメロンだって「えっ?まさか?」と言いながらEU離脱という結果に内心喜んでるんじゃないですか?
やっぱりどこかで分かれなきゃいけないと思ってたはずですよ。

域外になると関税がかかって大変じゃないのか?
だけどEU側だってオランダが出たいと言ってるしポーランドなんかもっとはっきり出たいと言ってる。
スペインもイタリアもそう。
フランス自体が国民戦線のルペンを担ぎ出して、段々いわゆるグローバリズムという物から遠ざかってるから僕たち日本人はこれを一生懸命心配して見るより狂言を見るような感覚でいいんじゃないのかな?

数年前にEUは貨幣も共通になり、パスポートも一切要らなくなった。
その時は「凄いなヨーロッパ」と素直に思ったんですよ。
ヨーロッパというのは1000年以上戦争ばっかりですよ。
あれだけ戦争した地域は無いんですね。
もう何回国境線引き直したか。
地図だったら消しゴムが無くなるくらい、紙が破れるくらい国境線引き直して、20世紀も大きな戦争を二回もした。
さすがにもう懲りて、「そうかこれで世界は一つになっていくんだな」と思ってたらとんでもない大嘘というか幻想でしたね。
世界は絶対一つになんかなりませんね。
国と国は絶対仲良くなれないという事を今回ヨーロッパを見て分かりました。
関連書籍 EU崩壊 (新潮新書)
関連記事

コメント

非公開コメント