悪意の誤報を見抜く方法「国の借金」

国の借金0909
悪意の誤報をどうやって見抜くのか?
テレビを見てると悪意の誤報が多いけどそれが悪意であるか誤報であるかはどうやって分かるのか?

2015年12月末時点で借金残高1044兆円。
これは国民一人当たり792万円借金であるとマスコミは伝える。
すると日本人の殆どが国は借金してると思う。
だから消費税上げなきゃいけないという風に思ってるでしょ?
これは完全な嘘です。

悪意の誤報に追従する人というのは申し訳ないんですが事実だから書きます。
子供と女性なんですよ。
これが一つの問題なんですね。
あえてこれを書いたのは子供とか女性をバカにするという事じゃなくて子供と女性は素直だから誤報だと思わない。

世の中の構造としては国が悪意の誤報をする、NHKとか。
そうするとそれに女性と子供が追従する。
手口として今度は女性と子供が追従したことを報道する。
するとなんかそう思ってる人が増えたような感じになるでしょ?
ですから悪いんだけど高校生とか主婦が出てきたらよく疑問に思った方がいい。

まず国と政府は違います。
日本国というのは国民と企業と政府とその他の団体で構成されてて、政府の借金というのと国の借金は全然違います。
これをまず誤魔化しました。

日本国の債務はゼロです。
資産と債務の差し引き、純資産と言うんだけどこれは360兆円の黒字です。
だから国は借金を持ってません。
借金どころか360兆円も貯金を持ってるわけですからこれがギリシャとは全然違う。
ギリシャは国の借金。
日本は政府の借金。

政府の事を国と言う不適切さはもちろん国はよく知ってます。
NHKも知ってます。
だけど知ってて国民を騙す。

もう一つのトリック。
国民が銀行に預金します。
政府は国債を銀行に出して国民の預金で国債を買います。
政府はこれを歳出に充てます。
そうすると国民は貯金してるんです。
政府が借金してるんです。
政府が国民から借りているのを国民の借金を言い変えた。
これは180度違います。
だから国という表現で騙すのが一つと、国民の持ってるお金を国民の借金と言い変える。
そうするとどういう事になるかというと国民は預金すればするほど借金が増える。
こういう事が普通に行われる。
だから今の日本の政府とかNHKは詐欺集団。
だって「あなた方借金してるじゃないか、だから金返せ」と言って消費税を上げるという事は国民側から言うと一回銀行に預金する。
預金するたびに借金が増えてそしてもう一回税金を取られる。
それを今度はNHKが「あなたの借金ですよ」と言うから国民が分かんなくなっちゃう。
それで女性がこんな事を言う。
「将来の国民につけを回さないために増税が必要だ」。

銀行は悪くないんですよ。
運用しなきゃいけないから。
国債買ってるだけです。
悪いのは国民の預金を借金と言い変えた人。
財務省とNHKの混合チーム。
それから日本経済新聞が非常に悪辣でした。
一面トップに国の借金という言葉を出しましたから。
だからこの件についてNHKと日本経済新聞は声明を出してほしいんですよ。
どうしてそういう嘘の表現をしたかという事を。

見破り方。
まず自分の頭を動かしながら落ち着いてニュースを聞く。
「あっ、そうか!大変だ!」という風に思わない。
必ずこういう誤報は恐れ、心配に付け込んできます。
自分の意見をすぐ決めちゃうのもよくない。
それから役人は自分を国と思ってます。
国民が国に入ってると思ってません。

よく「国の予算」と言うんですよ。
そうじゃない。
政府の予算です。

国が借金したと言われたときに国に誰が貸したの?と考えるのも大切です。
つまり借金というのは誰か貸し手が居るという事ですから。
それが日本人だったら別にどうって事ない。

あまり真剣に議論しないという事も大切です。
真剣に議論すると間違いが見つからないんですよ。
酒の肴でいい。
酒の肴の時は「国の借金があるらしいね」って誰かが言う。
すると「え?借金?そんなの無いよ。俺預金はしてるけど借金無いよ、あれ?なんだ?」という事になりますから。

国の借金と言って植えつけられてしまうと国民は税金を普通に納めるように「私たちが国の借金を負担しなきゃいけない」と勝手に思ってしまう。
それが当たり前だと思ってませんか?
そう思ってしまうのが高校生と主婦。
だからそこから切り崩してくるんですよ。
役人が国民相手に一種の振り込め詐欺をしてるようなものです。
関連書籍 「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る
関連記事

コメント

非公開コメント