参院選きょう公示「安保・憲法」、「経済」が争点

ceaeedb8af5a58012bb777db487631a5.jpg
党首討論見ました?
見てて疲れました。
漫才かと思った。
なんだこれ?
未だに改憲阻止と言ってる連中が居るんだけど、中身を議論すべきだと思いますよ。
改憲という手続きを阻止するかしないかを争点にしちゃいけないと思う。

国民の命を守る事、国土を守る事、今の周辺地域の状況を考えた時に中国がホントに危険になってきてる。
北朝鮮も昨日の夜からパトリオットミサイルが配備され、今、弾道ミサイルの破壊措置命令が出された。
こういった事を総合して考えて国の安全保障はどうあるべきなのかという中身を考えたうえで、改憲かどうかの手続き論というのは最後の最後ですよ。
それを最初に持ってくるというのはどう考えてもおかしい。

18歳、19歳はもちろん選挙に行った方がいいですよ。
だけど行く前にちゃんと調べて。
最初に聞いたことだけ信じるんじゃなくて、それぞれの政党が何を言ってるのか?
それと教員を監視することは必要だと思う。
特に最近あるのがある特定の政党が子供達にも「お父さんが死ぬよ、戦争になっちゃうよ」というデマを流す。
こういう事は政党云々の問題ではなくて、左でも右でもこれはやっちゃいけない事。
大人がルールを破って子供に対しては「ルールを守りなさい」ってそれは無理ですよ。
ズバリ言います、日教組の諸君が政治活動をやってる。
それを学校に持ち込むのは止めてください。
言ってる事が事実であればまだいいんだけど単なるプロパガンダ。
こういう事は止めて18歳の子供たちにバランスよく、これもなかなか難しいですよ。
だけどバランスよく、「これはどっちなんだ?」と自分で考えられるだけの素材、客観的な事実を提供するという形じゃなきゃダメです。

一方で教員がそれを提供しなくてもいいとも思う。
だって客観的にならないもん。
どうしても先生の偏見が入ってきますよ。
関連書籍 2016年参院選 自民党選挙公約を読み解く: 「この道を。力強く、前へ。」の先にあるもの
関連記事

コメント

非公開コメント