民進、行革徹底で社会保障充実「人への投資」

15fb70930bfc9d8fd1c1eb4fd7e41629.jpg
これは民進党の政策と言ってるんだけど結局以前やって失敗したやつをもう一回やると言ってるだけでしょ。
それでばら撒きの範囲をもう少し広げて学費まで払っちゃうというだけの話でしょ?
対案って言ってるんだけどどこに対案があるのか分かんないんだけど?
何が対案なの?
今までやってたことをもう一回やるんだと言ってるだけですよね。

気になるのが「大企業や富裕層に税負担を求め」という一行がどうしてもむしろ共産党の政策を連想してしまう。
現在日本の最高税率は地方税も含めると恐らく年収4000万以上だと55%くらい個人の場合だと行くんじゃないかな。
法人の場合はこの間減税があったので20%代に落ちた。
法人の場合というのは国内だけの問題じゃなくて海外との競争になってるんですよ。
法人税が高い安いで企業はどこにヘッドクオーター(本部。司令部。また、それらの要員)を置くか?
アジアのヘッドクォーターを東京に置くのかシンガポールに置くのか上海に置くのかという競争をやってる。
企業はそれでどんどん外に出て行ってしまうと雇用まで出て行ってしまう。
なので法人税の競争というのは負けられない。
日本はビジネス環境はとてもいいですから。
だって中国だったらいつ連れていかれるか分かんないじゃないですか。
稼いだお金は送金できないし。
そういう事を考えると日本はビジネス環境は良いので多少割高でもそれでも30%切ってれば日本にヘッドクォーター置きたい企業はかなりあるだろうというのが読みでそういう事をやってる。
だから「大企業優遇だ」と言ってるんだけど国際的な競争にさらされているという側面を考えないと法人税の議論というのは木を見て森を見ずみたいな話になってしまうと思うんだけど民進党は木どころか地面も見てない。

今の年金機構、昔の社会保険庁。
これの改革をするのに反対してたのが民主党ですよ。
これろくでもないです。
自治労に支配されてる糞役所。
働かねえ、保険料取らねえ、取らないの隠すために免除したことにする、記録もぐちゃぐちゃで最後は自爆テロやりました。
こいつらの悪質な奴を200数十人処分しようとしたら反対したのが民主党ですからね。
行政改革なんてこいつらに出来るわけないんですよ。
公務員と労働組合バックなんだから労働組合切らなきゃ改革なんてできるわけないじゃないですか。

社会保険をちゃんと取らないんだよね。
行革というこのニュースの中で歳入庁という言葉が一つも出てこない。
今税金と社会保険料って違う役所で取ってるんですよ。
社会保険料というのは年金機構という糞役所、やる気なし、当事者意識ゼロ、サボる事ばっかり考えてる自治労の巣窟と、国税庁。
国税庁は頑張ってますよ。
凄く頑張っててもううつ病になる職員続出。
可哀想なんですから。

財務省は国税庁の警察権力なので力を手放したくない。
だから社会保険庁と合併して国税庁並みの署内教育で、グズグズ言ってる自治労のやつなんかぼこぼこにしてしっかり徴収すればいいんですよ。
ところが徴収漏れだらけ。
税金払ってる法人と社会保険料払ってる法人の数がかなり違うんですよ。
こういうのもしっかりやっていかなきゃいけないのに歳入庁という話が出ない。
それは財務省に配慮してるんですよ。
増税も凍結と言わないでさらに2年延期ってこれも財務省に配慮してる。
政治家が役人に気を使ってどうするんだ?
安倍さんの方がよっぼと財務省と戦ってますよ。
だって2年半延期って実質3年延期で安倍さんの任期より外だから凍結ですよ。

消費増税2年半再延期表明ってこれ明らかに安倍さんが先に言ったことをあたかも自分たちがオリジナルで前から言ってましたみたいにすり替えてますよね?
自分たちが出した法案の審議全然しなかったでしょ民進党は今回。
安保法制にしても見直すとか言って「対案だ」とか言って出して結局審議全くしてないでしょ、要求もしないし。
でなにやってたかというとパフォーマンスばっかり。
関連書籍 財務省の逆襲: 誰のための消費税増税だったのか
関連記事

コメント

非公開コメント