イスラム国が犯行声明、米フロリダ州乱射事件

o0635035513671643376.png
もちろん事件は悲惨ですけど僕は従来から少し考えが違います。
アメリカの空爆で大体イスラムの一般市民が2000人くらい死んでます。
そうするとアメリカが地球の裏まで行って一般市民2000人を殺すのとフロリダで銃で50人殺されるのとどういう違いがあるのかという事を我々日本人はじっくりと考える必要がある。
我々はアメリカは善であってアラブで悪であるという、まあマスコミがそういうのを流すのでどうしてもそういう風になりがちですけど元々ISと言われる自称イスラム国に武器を初期に渡してたのはアメリカですからね。
ですからアメリカはシリアの中で大統領と反政府勢力とISという三つを作ってあそこで紛争をさせるために、この目的は色々推察されてて一つはアメリカの軍産共同体という軍と産業の共同体が武器の輸出先を求めているという理由も考えられるし、イスラエルからすると周辺国に紛争が起きれば周辺国からイスラエルへの攻撃が少なくなるので大いに周辺国を紛争させておけという理由だとか。

じゃあアメリカが何故地球の反対側のシリアまで武器を供与したり空爆したりしないといけないのかという事を私たちは真剣に考えないとこういったテロが東京にも起こりますよ。
だってこのテロの犯人側から言わせれば「あんたたちが武器をくれたんじゃないか、あんたたちが空爆して2000人殺したんじゃないか、じゃあ俺が殺して何が悪い」という事に必ずなります。
もちろん昔だったら宣戦布告をして兵士同士しか殺しちゃいけないというのが戦争ですから。
それが国際紛争の一つの解決法だった。
ところが現代、太平洋戦争の終わりから広島に原爆を落としたり東京大空襲をしたり民間人を殺すという事が戦争で行われるようになり、さらにイラク戦争とか今のシリアなんかになると殆ど民間人を先に標的にするみたいな例も出てきてる。
もう一つは理由も無く宣戦布告も無く、アメリカが何故シリアを爆撃しなきゃいけないかという明確な理由も示さずに西洋諸国がどんどんどんどんアラブとかアジア諸国を攻撃してそこで死んだ人たちは日本のマスコミは全く報道しないですよ。
アメリカでテロがあったら報道するけどシリアで2000人死んでも報道しないという姿勢を繰り返していればやっぱり問題は起こると思います。

だからテロを憎むと言ったってそりゃあ自分の家に来て家族皆殺しにした人を攻撃したくなるのは人間の心理です。
だから日本の報道が何考えてるのか?
アメリカから金貰ってるのか?
アメリカが怖いのか?
それしか考えられませんよ。
だって私たちはかつてアメリカから脅されて戦争せざるを得ない状況になったのが1941年ですよ。
その頃の日本人の方が肝が据わってて、アメリカがどんな大国であれここまで日本を追い詰めるなら、日本は妥協に妥協をしようと思ったけどアメリカは最初から日本と戦争するつもりでいた。
それで追い込んでいった。
何しろ石油と鉄鉱石無かったら日本はどうにもならない、死んでしまう。
それを承知でアメリカは物資を止めてくる。
それに対してやむを得ず戦ったのが太平洋戦争だけど、それと同じ状態ですよアラブは。
アラブの人に言わせれば「なんでこんな地球の裏まで来るの?」、当時の日本人だってそうですよ。
「なんでアメリカが広い太平洋を渡って日本まで攻めてくるの?」という事ですから。

日本人は強いものに巻かれるという事じゃなくてもっと物事を平等に見る。
アメリがが民間人を空爆するようなことをしたら、きちんと抗議をする。
アメリカにきちんと言うべきことを言うのなら中国にも呼び掛けられるけど、中国を憎々しげに言うけどアメリカは良いというのであればそれは儲かる人の事は良く言うみたいな商人みたいになってしまって、僕は賛成できません。
関連書籍 「イスラム国」の内部へ:悪夢の10日間
関連記事

コメント

非公開コメント