参院選、安保法も主要争点。存廃で与野党対立

2016060501001573.jpg
平和国家の姿を全く変えてはいないので、今回ネットのニュースなんかにも出てましたけど岡田克也氏が共産党、小沢一郎氏、社民党と並んで「改憲派を阻止するんだ」という様な事を言ってますが安保法がどうして成立したかという事をもっと冷静に考えるべきなんですよ。
これが「戦争法である」って一体誰が言いだしたんだ?
元々安保法が成立する過程においては「徴兵制がある」という嘘を言う。

安全保障というのは冷静に中立に考えなきゃいけない。
イデオロギーに偏ってはダメ。
それを自分たちのものすごい思い込んだ、偏ったイデオロギーを注入し、無い事無い事をくっつけて反対するのはいい加減にしろ。
こういう妄想は国民が何も知らないと思って、「こいつはちょっと言ったら騙される」と思ってこういう馬鹿な事をやってはいけない。
嘘を言うな。

じゃあ安保法を廃案にしてどうする?
ホントに国守れるのか?
アジア安保会議でも中国は話し合わないと言ってるんだよ。
「俺たちの正義が全てなんだ」と言ってるんだからどうやってこれを止めるんだ?

「米軍出てけ」と言ってる人たちも居ますが、出て行ったあとちゃんと自衛隊に軍としても権限を与えるのかといったらそれにも反対するわけですよね?
結局彼らの言ってる事って自分たちさえ平和だったらいい。
自分たちさえ傷つかなかったらいい。
例えば今の国際社会というのも彼らは意識してない。
抑止力の面から言うと僕たちは戦争をしたいんじゃなくて何かあった時のための準備をしてるんですよ。
「9条で平和」と言ってるお花畑の人たちと中国が同じ思想なわけありません。
中国の動きを見てれば危ないというのは分かりきってる。
こういう事が頭に無い。
この人たちが一番矛盾してるのは、個別的自衛権は認めてる。
でも自衛隊は軍ではないわけだから結局は出て行けない。
だったら集団的自衛権を使って誰かに守ってもらわないといけないから、安保法で少しでもましにしようとしてるわけで、この人たちの言ってる事は確実に理論破綻してる。

自治区と言われるウイグルだったりチベットは武装が出来ない、何も許されない、自由が許されない、武器すら持たされない。
完全に支配されてる。
現在進行形でこういう状況。
今一歩海の向こうに出たら平和じゃありません。
世界が見えてないのはどっちだよ。
日本が自治区になっていいんですか?

「民主主義への挑戦だ」とか言ってる人が居ますが、いやちょっと待って我々が選んだ今の政権、民主主義。
これが今の国会の体制になってるわけでしょ?
それが多数決で粛々と進めていたものを要するに国会の外で少数の人間が「民主主義のルールを逸脱してる」って訳のわからない事を言う。
理論の矛盾がものすごくある事に気が付きませんか?
関連書籍 安保法案 テレビニュースはどう伝えたか (かもがわブックレット)
関連記事

コメント

非公開コメント