野党、内閣不信任決議提出へ

0p@opopo@o@.jpg
多くのテレビで朝から大騒ぎしてたんだけど全く意味ないです。
半年前から分かってる話だし、これをトップニュースにするというのはテレビ局の報道陣が大喜びして大騒ぎしてるというだけです。
自分が記者クラブに所属して何かこう偉い人間になったような感覚になって日本の大きな政局に携わっているという事で自分が特権階級に居るような錯覚に陥るんですね。
それで大喜びして大はしゃぎしてるというだけの話。
こんなもん僕みたいな素人でも前から分かってる話で、これをトップニュースで扱ってる段階でちょっとレベルが低いなあ。

単なるポーズ。
こんなもん何の話し合いにもなりません。
取り上げる価値あるのか?
だってすぐ否決されて終わりに決まってるじゃないですか。
中学生レベルで分かる話でしょ。

こういう話し合いがまともに行われるわけもないし、決議されるわけでもないし、「大多数で否決されました」で終わりでしょ。
それでまた怒るんでしょ?
意味ないですね。

今の経済状況考えたら消費税増税できないのは誰だって分かる話でそんなもん当たり前。
それから熊本地震があったんだからW選挙が無いのは分かるでしょ。
いまさら何騒いでるんだ?
もっとやらなきゃいけないニュース山のようにあるんですけど大騒ぎして「国会から中継です、○○さん」みたいにして対して喋りもうまくない記者が原稿を丸読みしながら中継してるっていういつものパターンですよ。

あと消費税増税延期に関して朝日新聞は「消費税増税やれ」と言ってる。
これまた不思議で、つまり「安倍総理は消費税上げると公約しただろ」と。
裏読みすると安倍総理、今の政権与党が消費税を上げたら次の選挙で野党が勝てると思ってるんじゃないの?
そうとしか思えない。

結局朝日、毎日、それから東京新聞もちょっといい感じにインフルエンザに罹ってるみたいなんだけどどうもマスコミインフルエンザに罹ると脳内が反対しなきゃいけないような病気に侵されるんですね。
で、何かやってる事に対して文句を言ってる。
そんな自分が好きというマスコミって少なくなくて、「メディアの監視役」と言うんだけどこの言葉はヨーロッパ特にイギリスのBBCを中心に始まった言葉なんだけど政権がしっかりと暴走しないように監視するんだ。
メディアというのは監視する存在なんだというのは崇高な理念とちゃんとした知識があってやらなければいけない事で、朝日、毎日、東京新聞が今やってる事ってただの文句言いなんですよ。
何かやる事にただ文句を言う。
ただいちゃもんを付ける。
ただ批判をして反対するという事で言ってる事がもう論理破綻してくる。

今年報道ステーションを古館さんが辞めました。
その時に古館さんが記者会見の中で「キャスターというのは反権力である」と言った。
これ実はものすごく重要なセリフを言ったんです彼は。
というのはこれ放送法違反の言葉なんですよ。
政治的な公正中立が報道の基本です。
ところが反権力という事は明らかに恣意的な報道をするという事を自ら宣言した言葉。
それをほとんどマスコミがスルーしてしまった。
これがおかしい。

反権力じゃなくて権力が暴走した時に良い事は良い、悪い事は悪いと言うのがマスメディアの責任なんです。
単なる文句を言い続けてるだけ。
それで大きな権力に対して文句言ってる自分に酔っぱらってるだけ。
本当にマスメディアがやらなきゃいけない事は国民目線に立って10年後20年後の国民が幸せになるために何をするのが日本にとって良いのかという事を考えて報道する事であって、それがそうじゃない方向に行った時にメディアが叩くべきなんですよ。
でもちゃんとしたいい方向に行ってる時は評価するのがむしろ仕事なんですよ。

安保法制で揉めていた時マスコミは世の中に存在もしていない「戦争法案」という言葉を付けて反対してた。
そんな法案世界のどこにも存在しません。
まずキーワードありきでレッテルを張る。
レッテル張りをしてイメージ操作をしてというのはどういう事か分かります?
レッテル張りをして論点ずらしをするというのは論破されてる人間がする事なんですね。
例えばLINEの文章で浮気してるという明らかな物的証拠が残ってる。
それに対して「女はいつもそうやってプライベートを覗き見ていいと思ってんのか?」、これをいわゆる論述における論点ずらしでディベートを専門的にやってる人間はみんなする事なんだけどLINEという物証があることによって浮気の有無を確認している相手に対して人間のプライバシー権の侵害という全く関係の無いもっと大きなところから攻めるために「女ってのはみんなそうだ」というレッテル張りをして感情を逆なですることによって話を誤魔化す技法なんですよ。
これは物証が完全に整っているので論破されてる人間がやる事なんですよ。
つまり去年の安保法案の一連の動き、共産党や民主が言ってた事、実は彼らも自分たちが間違ってると分かってるんです。
なのでレッテル張りをして話を誤魔化し別のところから攻め込まないとどうしても勝てないって事が分かってるんです。
関連書籍 日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)
関連記事

コメント

非公開コメント