世論調査で不人気際立つクリントン氏とトランプ氏

2016052301001026.jpg
支持率が始めてヒラリーをトランプが上回った。

ヒラリーは親中派で我々からするとちょっと危ないんだけど、従来の政治家なんですよ。
従来の政治家はもう要らないとアメリカ人は思ってる。
オバマ政権の7年間の間に何もいい事してない。
完全膠着状態で共和党も民主党も同じなので、民主党が何を言っても共和党は反対だし共和党が何をやっても大統領は拒否権を発動するし、全く動かない。
だからいくら優秀でも政治家は要らないんだよ。

じゃあトランプが言ってる事は現実的かどうか?
これは実際にメキシコに万里の長城が建つとはだれも思ってない。
思ってないけどそれを建てるべきだと言ってる。
そこまで言い過ぎてしまうという事は移民問題について本気であるという事で実際に何かしようとするだろう、口先じゃなくて。
という風に思わせる言葉ですから。
実際に壁は実現できないと思いますよ?
カネがかかり過ぎてそんなの建ててもトンネル掘るだけだから、そういう壁があるところみんなトンネル掘るだけで、一部が川だから川の真ん中に壁を建てるというわけにもいかないし、だから現実的じゃない。

日本に対しても「軍事費を全部日本が持て」と言ってるのはまあいいんですよそれは。
それは日本のお花畑の皆さんを目覚めさせるために非常いい起爆剤だと思う。
じゃあ米軍基地の費用の全てを日本が持つべきかというとそうじゃない。
だって基地がある理由は日本を守るためでもあるけどアジア全体を守るためであってアメリカの国益ですからアメリカが出していいじゃないですか。
で日本が場所を提供して多少費用を持ってくれてついでに自分たちを守ってもらって、だけどそれがちょっと依存症を起こしてるからそれは直してもらいたい。

ですからこのトランプの発言は現実的ではないけどすごく気持ちいいんですよ、聞いてると。
もしかしたらこの人だったら出来るかもしれない。
北朝鮮に関して「自分が行って話し合う、僕が金正恩と会ってもいいよ?」と言う。
今までのアメリカの言い方と全然違う。
今までの対北朝鮮政策がうまくいってると思ってる人は居ません。
トランプだったら結構面白いかも。
「プーチンと一緒になって問題を解決する」と演説してて、解決出来っこないけどさ、人間的にもプーチンをすごく評価するような、お互いエールの交換みたいなやりとりもあった。

とにかくトランプが当選するかどうかまだ言えないんだけどちょっと気になるのはフェイスブックの色んな投稿を見てるとクリントン=悪、トランプも悪、だから投票しない。
これはダメだ。
それはつまりヒラリークリントンに投票するという意味なんですよ。
まだまだ時間があります。
11月までありますからその間にトランプがどういう人なのか見えてくるかもしれないし、ヒラリーも危ないですよ。
前も書いたんだけどクリントン財団がかなり危ないと思う。

トランプは安全保障に関してかなり素人。
という事はアメリカの国防総省の意向をキチッと、要するにトータルの世界戦略が出来るのはアメリカの国防総省でこれの右に出る人たちは居ない。
そういう意味では彼がどうやっていいか分からない時に国防総省の国防長官の意見をしっかりと聞く可能性が高い、素人だからこそ。
ですから素人を求めてるわけですよ我々は。
現実を学んでそれに沿ってやっていく。
今までの政治の変なしがらみが無い中できちんとやるべきことをやってくれるんじゃないかな?

彼はビジネスの中でもちろん破産は何回かしてるし離婚もしてるけどそれでも這い上がってくる、そういうしぶとさを求めてるというか本人の人格だの髪型だの言葉使いだの女性に対する侮辱的発言、これはみんな嫌ですよ。
嫌なんだけど結果を求めてるんですよ。
なのでそれを見逃してやろう、ちゃんとやってくれるんだったら。
完璧な人は居ないですから。
というような考え方になりつつあって、クリントンで一番気になるのは男性の過半数はどうしても取れない。
男性の過半数を取らないと当選できないですから、まあどうなるやら。
関連書籍 クリントン・キャッシュ
関連記事

コメント

非公開コメント