翁長知事、オバマ大統領と面会希望断られる

AS20160509004088_comm.jpg
確かにこの犯人はほんとに憎むべき犯人で、極刑に処してもらいたい。
自らの一時的な欲望のために二十歳の女性の将来と未来を奪ってしまったんですからこれはもう許されざる犯罪。
その家族の悲しみを考えるとこれは本当に許されない。
けどそれと基地問題は別です。
もしそのロジックが成り立つんだったら外国人の犯罪が酷いから外国人は全員日本から出て行け、例えば在日朝鮮人が犯罪侵したら在日朝鮮人日本から出て行けというヘイトスピーチを許すんですかという問題になってしまう。

まあ彼らはすぐ基地問題に結び付けてこういう問題を政治利用しようとしますけどここは冷静にならなければいけない。
論理的に正しいように思えてもこれは全然違います。
一見正しく見えるんですが、つまり米軍基地が無ければこの犯罪は起こらなかった。
これは因果関係をとことん突き詰めれば確かにそうです。
じゃあ一掃すればいいのか?
例えば国際留学制度で留学生が日本に来て日本人を殺した場合、留学制度が悪いんだからそういう制度が無ければ犯罪は起こらなかった、これも事実です。
じゃあそれを全部無くせばいいのか?という問題になってくるんですよね。

もっと極論すると在日米軍の犯罪率って意外と低いんですよ。
一般の犯罪率より低くて、という事は沖縄県民の方が犯罪率高いから沖縄県民は沖縄から出て行けという話ですか?
訳分からない話になりますよね。
論理が破綻してます。
要するに論理を言い合いするとこういう事も言える。

犯人を極刑に処すというのはこれはもう当然の事で、95年に起きた少女暴行事件の結果日米地位協定がちょっと見直されてるので犯人の身柄は沖縄県警にありますし日本で裁判を受けることになると思う。
これはでもひょっとしたらアメリカで裁判受けた方が極刑に処されるかもしれないなと思ってて、向こうって仮釈放無しの終身刑とか懲役400年とか、テキサスはまだやってるか分かりませんけど電気椅子がある。

あと報道見てると一部の報道にも僕は何となく感じるところがあって、今回の事件を利用してるようなところがありますよね。
でもこれは個人的犯罪ですから。
米軍の総意でこういう犯罪が行われたらこれは基地は非難されるべきですけどあくまで個人的な犯罪。
それで基地を出て行けと言うのは違いますよね。
ただ報道見てるとまるで女性の死を利用してるとまで言ったら失礼ですけどそういう受け取り方ができるような報道のニュアンスがある。
特に左翼系の報道。

元海兵隊員でアメリカ軍族と言いますけど彼は勤めてた会社がアメリカ軍基地の中の通信関係の工事をしてる会社だったので地位協定上軍属と呼ばれてるんだけど、日本人と結婚してる一般市民なんですよ。
沖縄県民ですいわば。
それを政治利用に使う。
これもう予定稿ですよ。
最初からストーリーありきでやろうとしてる。
ホントに手垢の付いたそういうネタに彼らを落とし込もうとする。
今回翁長は「オバマに会わせろ」という事で明らかにこれを利用しようとしてる。
関連書籍 本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2)
関連記事

コメント

非公開コメント