北方領土、現首脳間で解決。日露交渉

6.jpg
今までアメリカの東海岸から見たロシアの表情だけで我々はずっと接していた部分がある。
大東亜戦争末期の日ソ不可侵条約を破棄して極悪非道をやったソビエト連邦のあの苦い記憶にずっと我々は縛られて、もちろんシベリアに抑留された色んな悲劇というのも忘れてはならないし許せない話ではある。
どうしてもその部分の壁というのがあって日本とロシアがなかなか進展しない。
ましてや北方領土が還らない。
そういう事もあってなかなか乗り越えられない壁があったんですけど安倍さんが越えたじゃないですか。
というのは中国や韓国にしてもそうなんだけどその国に阿る(おもねる 気に入られようとする。へつらう)政権というのはこの国とうまくなんかやっていけないですよ。
日韓関係が悪くなったのは民主党政権の時です。
日中関係が悪くなったのも民主党政権の時に悪くなった。
自民党政権の時じゃないです。
ましてや安倍さんというのは左側の連中から言わせればやれ右だだの右翼だのいつ戦争を起こすか分からないみたいな事、そういうデマを言ってるんだけど見てくださいよ。
その安倍さんが日露交渉をうまくやってる。
元々安倍さんとプーチンは馬が合う。
あのムーミンに出てくるスナフキンみたいに全然笑わないじゃないですか。
なんか怖い感じがするプーチンが安倍さんと会う時だけはニコッとするんですね。
ちょっとしたシーン、握手するときなんかプーチンはほんとにニコッとしてる。

日本の経済協力というのを安倍さんは言ってる。
ロシアが必要なのは日本の技術力と資金なんですよ。
ロシアというのは元々ずーっと拡張してきた。
何を怖がってきたかというと隣接する国を怖がるんですよ。
中国を最も恐れ、北朝鮮や朝鮮半島についても隣同士の国だからと言ってもろ手を挙げて信頼するという事は無い。
隣同士の国って仲悪いんですけど日本は離れてるんですよね。
国境接していないという事もあるし海を渡ってという事なので脅威が無いんですよ。
中露の国境の向こう側には1億3千万人くらい、日本と同程度の人口が中国側に住んでいて、国境を越えた向こう側には700万人しか住んでないんですよ。
そこへ中国人労働者がどんどん行くものだから侵略されるのと同じような状況になっていくし、こういう中でロシア軍は軍隊を張り付けておかなきゃいけない。
北方領土もそうですよ。

北方領土を何故ロシアがずっと手放さなかったかというと米ソ冷戦期の時にあそこを抜けて太平洋に出て行って太平洋で米海軍と激突するために北方領土というのは絶対手放せなかった。
ところが今ロシアが強大な米海軍と激突する理由なんか何も無いんですよ。
そうすると還したいんですよ上手に。
ロシア人別に帰らなくてもいいんです。
そのまま居てくれたらいいんですよ。

安倍さんは分かってる。
だからウクライナ問題だとかああいった事でヨーロッパとロシアが険悪なムードになってシリア問題でアメリカと険悪なムードになって今の状況も西洋諸国とロシアが物凄く険悪なムードになっていてもロシアと日本のラインだけはずっと繋がってた。
GWに北方領土行くとなった時に他の外相は「北方領土なんて進展しない」と言ってますけどあそこは強大な権力を持ったプーチンでしょ?
「俺は決めた、じゃあ日本に還す」と言わせたら勝ちじゃないですか。
次回に続きます。
関連書籍 プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
関連記事

コメント

非公開コメント