FC2ブログ

アイスランド首相辞意、租税回避地投資に批判

0677_Panama_Papers_wiki_leaks_20160406_top_01.jpg
アイスランドは30万くらいの国家ですからやっぱり行動は早いわけです。
で、こういう事になって各国とも、日本以外はどこもマスコミが動いてますから。
日本はマスコミが全然動かない所を見るとマスコミがやってるんでしょうね。
そう思っていいと思います。
ですから庶民は税金を納めて、大統領とかそういうのはこういうところで逃れているという事がはっきりしてきた。
大体首相とか大統領とか会社の社長とか偉くなると段々人間がダメになってきて、殿様だと思うようになる。
「自分たちは特権階級だ、平民は我慢しろ。俺たちは我慢しなくていいんだ」、なんでかというと「俺たちは偉い人だ」と錯覚する。
民主主義でもちろん選挙で選ばれてるわけだから国民が一番偉いんだけど錯覚する。
日本にも居て、ちょっと名指しで言いたいと思うんですが鳩山元首相。
鳩山元首相は鳩山御殿という物凄く立派な、超豪華な家に住んでる。
それでCO2の削減を呼びかけたりしてる。
呼びかけるなよ。
そしたら鳩山はこう言うと思います。
「いや私は特別な人間です。日本人の一人一人は電気を節約したりCO2排出を抑えてほしいけど私は偉いんだからいいんです」。
これはもう政治家共通ですよ。
田中角栄だって目白に大豪邸持ってる。
だから大豪邸持つことはそんなに悪くないけど大豪邸を持つなら「皆さんも大豪邸持ちましょう」と呼びかけるのは良いですよ。
そりゃ社会で成功したんだから大豪邸から貧民窟に移れとは言わないけど、だけども大豪邸に自分が住んでいながら国民に貧乏を強いるのはいけないんだけどこの人たちは全てそう。
だから中国の要人は外国に大体30兆円と言われる自分たちの貯金を持ち出して「中国で何か起こったら俺たちは逃げよう」という構え。

金に執着してるような指導者は全員辞めてください。
今度の事は違法じゃないんですよ。
でもやってはいけない事、特に政治家はやってはいけない。
だからそういう人間の根源から考えればこれは非常に大きい。
今日本だけが報道もしてない、議会もしてない。
みんな自分でお金抱えてるんだと思う。
ですからこのブログで言わせてもらえば今この問題に黙っている議員、黙っているマスコミは全部やってる。
まずそうしてそれを真っ黒のリストにしてそれから発言した人だけ抜くという方式にしないとダメですよ。
他の国がガンガンやってるのに日本がやってないのはほんとに恥ずかしい。
報道が日本には無いという事がはっきり分かると思う。

明治の初めに英語やドイツ語の単語を日本語にしたのが福沢諭吉です。
例えば民主主義の民主とか国家とか演説とか選挙とか。
つまり江戸時代に無かった言葉の殆どをもう一人か二人居ましたけど福沢諭吉が作った。
その訳が非常に良かったので日本が発展して、中国の近代的な言葉の漢字、これは日本から中国に渡った。
だからタックスヘイブンと書いた場合これを租税回避地と訳すのは前も書いたように悪人の言葉。
正しくは低課税地、つまり正しい目的を書いて正しい目的の通りにやってもらわなきゃいけないんだから。
だから最初から租税回避と言うのは悪徳の人で脱税を進めてるようなものです。
それからマネーロンダリング、資金洗浄。
これは入金不詳術なんですよ。
術なんです。
だからタックスヘイブンの地域ではマネーロンダリングが容易にできる。
つまり低課税地で且つ記録を取らない。
入金記録を取らないからすぐ入金が分かんなくなってしまう。
だからいかがわしい金は全部向こうに送る。
ところが我々はきちんと全部税金を払い、金持ちは税金を逃れるという不当な事が行われてる。

言葉を租税回避地という風に言い変えるのは余計なんですよ。
その一番典型で最近酷いのが放射線防護服。
放射線も防護しないのに放射線防護服と言ってる。
これも犯人の言葉。
東電の言葉です。
犯人の言葉を使うな。
放射線防御できないんだから上っ張りと言え。
言葉というのは聞いて分からないといけない。
皆さんある一定の物は防護すると思い込んでるでしょ?
放射線の防護というのは元素が重くないとダメなんですよ。
だから鉛が一番いい。
あれが一番重たいから。
鉛をぶら下げるとか鉄をぶら下げるとかしなきゃいけなくて、あんな炭素で出来たペラペラの服は放射線もろ通しです。
だけど放射線防護服という名前を使う事によってみんなを騙すことが出来る。
だからそういう意味で租税回避地なんていう犯罪を促進する言葉を使うな。
新聞には実は用語の委員会ってあるんですよ。
だけど全然機能してない。
こういう言葉を使うのはやめて、新聞の評判を回復させたいならきちんきちんと一つ一つの言葉を使う、そういう事をしてもらいたいと思います。
カタカナ多すぎですよ。
コンプライアンスとかエビデンスとか言われてもねぇ、日本語にしてもらいたいです。
一番酷いのは医者の話なんだけど「患者さんにもっと分かりやすいように説明すること」というのを英語でインフォームドコンセント、誰も分かんない。
みんなで分かりやすく言う運動が一番分かりにくい。
だから福沢諭吉いでよ。
やっぱりここは国語学者みたいなのが出てきて一番ぴったりした名前を付けてくれるといいんですけどね。
関連書籍 学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
関連記事

コメント

非公開コメント