FC2ブログ

東洋ゴム、人員削減機に不正増加

PN2015101501001852CI0003.jpg
大組織の犯罪で最近で一番大きいのは政権を取った民主党の公約違反。
それから社会保険庁の5000万件の記載漏れ。
次が福島原発の一年一ミリの法令無視。
そして東芝の粉飾決算。
シャープの税金逃れ減資。
こういったやつは社会的影響がものすごく大きい。
例えばある学生がこう言いましたよ。
防衛庁の次官が逮捕されたとき「防衛庁の次官が逮捕されてるのになんで僕が悪い事するのがいけないんですか?」と言った。
学生だからそういう論理なんですよね。
だから上の方が乱れると全部乱れると言うのはやっぱり人間の心の中にその学生みたいに思う心があるんですよ。
だって防衛庁と言うのは正しい事をする人なんですよ。
正しい事をする人が逮捕されてるんだから「俺が授業サボってもいいじゃないか」という風になる。

組織の犯罪は人が作ります。
技術やマスコミの犯罪は別の要因で起こりますね。
技術の犯罪と言うのはフォルクスワーゲンの測定の犯罪とか旭化成の設計のねつ造とか東洋ゴムの使用のねつ造などがあります。
組織が悪い事をする、技術が悪い事をする。
だけど社会がしっかりしてればある程度のところで止まるんですけど社会が崩れると行くところまで行ってしまう。

皆さんが知らない重要な倫理違反事件と言うのがあった。
フォード・ピント事件と言うのが1970年代にあった。
フォードの車のガソリンタンクに欠陥があって、後ろから衝突するとガソリンが漏れて爆発するという車があった。
それがピントと言う車です。
初めて小型車を作ったのでボルトの位置を間違えたんですね。
それが原因で追突事故で死んだ人が10人くらい出た。
その時に社内で議論になった。
「今後ピントを売り続けると200人死ぬ」。
この時の死亡事故の補償金が大体1億円です。
という事は200億円。
所が全部回収してボルトの部分を修理すると400億円かかる。
だからということで放っておいた。
人の命とコストを天秤にかけた。
実は1975年まではそれでよかった。
それがバレてフォードはものすごくダメになった。
そしてこういう事件を経て社会の程度が良くなってきてる。

その後CSR(企業倫理)というのがアメリカで登場した。
だけどこれは企業倫理じゃなくて企業がまずい事してそれをいかに誤魔化すかという奴です。
つまり仏を作って魂入れず。
何も思想が無い。
CSRその物は会社の企業倫理として登場してきました。
そして3人並んで頭を下げる。
今全部そうでしょ。
なんで3人なのか?
これは全部CSRが指導するんです。

CSRは悪い思想を消すんじゃなくて「事故は必ず起こる、不祥事は起こる。その時会社にダメージを与えないようにする」という風に曲がっちゃったんですよ。
アメリカから日本に来る時に。
なんで曲がったかと言ったらアメリカは法的にやられちゃうんです。
だから法律の争いになるわけです。
2兆円とかバーーンと請求される。
だから会社側はその法制度の中でやるんです。
ところが日本の場合はすぐ訴訟という事にならないんですよ。
そこにCSRが来ちゃったから。
気持ち悪いでしょ、いつも3人で謝る。
まず説明の前に立ち上がってお辞儀しなさい。
こうなってるんです。
それがCSRです。

これを得意げに説明してる人が居るんですよ。
「こういう事件があったらこうやるんです」。
それは会社を守るための倫理。
却って会社が損害受けますよ。

技術的な倫理を守るもう一つの大きな問題。
技術的な問題は技術者しか守れない。
例えば事故が起きる。
名古屋の新日鉄のタンクが爆発する。
出てきたのは総務部長。
ただすいませんと言ってるだけ。
僕ら聞いてても分かんないんですよ。
タンクがなぜ爆発したかを言わなきゃいけない。

イギリス発祥なんだけど素晴らしい制度があって、技術者が「これは私の責任です」とタンクにサインするんです。
爆発してしまったタンクを建設するときに技術者がサインする。
原発の時は原発を設計した技術者がサインする。
そしてタンクが爆発するとその技術者が出てくるんです。
それで「こういう所に欠陥がありました。ここは大丈夫だったんですがここはこうなりました」と社会に対して説明して、その責任が技術者に在った場合はその技術者が辞めるんです。
会社はタンクを作りたくても技術者がサインするまでは社長の命令でも作れないんです。
つまり技術的なものが進歩すると素人が分からないんですよ。
今度もそうですよ。
「パイプが岩盤まで届いてなくちゃいけなかったの?」。
こうなるわけですよ。
だから技術者が責任を持つ。
こうしないと複雑な原発や複雑な社会の技術を防ぐことが出来ない。
これを日本に導入するという事が大切です。

二番目はアメリカ方式で法的規範で守るのか?
つまり何かちょっとあると2兆円の損害賠償という事で守るのか?
それとも日本式に「みんなで話し合って道徳規範で行こうや」という事を選択するかという問題があります。
ですから倫理の問題が起きた時に「ひどいじゃないか、会社は出てきて謝れ」。
「はい」と言って謝る。
なんにも進歩しません。
関連記事

コメント

非公開コメント