FC2ブログ

長崎市長、安保法案に「不安と懸念」

ge1.png
市長は宣言で、長崎広島だけでなく東京など多くの町を破壊した沖縄戦、アジアの人々を苦しめた悲惨な戦争を継承するよう呼びかけましたというニュースですがまあ毒にも薬にもならないような宣言ですよね。
要するに「平和であったらいいですね。皆さんお願いします」
こんなこと当たり前ですからね。
つまり政府とかみんなが考えてるのはいかにこの平和を維持していくか。
平和を維持していく具体的な方法を考えてるわけで「平和であったらいいですよ」ってそんなもん当たり前の話で全く意味のない発言ですね。
日本の場合は大学にも軍事学という講座がありませんよね。
よその国では普通にある。
だから「戦争はいけない、だから安保法案反対」になるんですよ。
よその国だったら「戦争はいけない、だから安保法案必要ですよ」というのが普通の考え方ですよ。
日本は全く非常識な考え方をしてるわけです。

慰霊祭で政府がやることに一市町が反対しようとするということは完全に政治活動ですよ。
これは慰霊祭に名を借りた政治運動なんですよね。
広島もそうなってると思いますけど。
これを日本は戦後ずっと許してきたという所はありますよね。
とにかく左翼ががんばるから日本はどんどん左傾化してくるわけです。
だから僕は最近出会っただけで左翼と分かるようになった。
大体みんな体が左に傾いてる。

よく言われるのが「日本は世界で唯一の被爆国だ」だからこそ核廃絶を訴えていかなきゃいけない。
そういう一見美しいような言葉に聞こえますがよその国で考えてみた場合すごい矛盾があるんですよ。
仮にアメリカが核攻撃を受けたとしましょう。
そしてアメリカ人が何人も死んだとしましょう。
そうなった時にアメリカが「あぁ核って良くないな、うちの核全部捨てよう」って言いますか?
絶対言いませんよね。
逆ですよね。
ですから「核被爆国だから核廃絶を訴えていかなきゃいけない」というのは一見美しいように見えますが現実的に考えると実はすごく矛盾のある言葉でもある。
だから当然「唯一の被爆国だからこそ核武装する権利がある」という言い方も出来るわけですよ。
二度と核を撃ち込まれないようにするためにはどうするか?ということが大事なんですよね。

この間アメリカの銃乱射で何人か亡くなりましたよね。
日本だと「なんで銃規制しないんだ?銃乱射無くせないんだ?」
あれ見てたらアメリカ違いますね。
「銃持ってる子供がいるからうちの子にも銃持たせなきゃいけないんだ」ということですよね。
だから始めからまったく発想が違うんですよね。
これについては中国や韓国と日本の子供たちの教え方が始めから違いますね。
日本は「嘘つきは泥棒の始まり」と教える。
嘘をついてはいけないと教える。
中国や韓国はなんと教えてるんだろう?
専門家の話では「騙されてはいけない」と教えるそうだ。
だから嘘をつくのが前提になってる。

「憲法9条を守るんだ」
その目的としては「戦争を起こしたくない、だから憲法9条を守るんだ」という目的ですよね。
僕は憲法9条改正派です。
じゃあ何故憲法9条を改正すべきか?というのはやっぱり日本は戦争を起こしたくないという目的なんです。
実は憲法9条護憲派の人たちも改正派の人たちも目的一緒なんですよ。
いかに日本を平和で安全な国にしておくべきか。
戦争に巻き込まれないためにどうするかということが目的なんです。
両者目的一緒なんです。
目的一緒なのに方法が違う。
これはどちらが現実的か?ということなんですよ。
「戦争は嫌だ、戦争は嫌だ。私達はたとえ殴られてもどつかれても殺されても戦争は嫌です」と言ってる国と「私は絶対に戦争は嫌だ、侵略戦争はしない。けれども自分たちがやられたら命がけで戦う」という国。
どちらが侵略を受けないか?ということを考えてください。
そういうことです。
どちらが現実的かということです。
殴られても抵抗しない人ととことん戦う人。
どっちのほうが喧嘩を売られやすいかということです。
これに関して一国の総理大臣が「戦争はいけない」とか「戦争はしない」と絶対言ったらいけない。
「戦争に訴えてでも必ず国家国民を守る」と総理とか大臣は言わなきゃいけないんですよ。
これが抑止力なんですよ。
だけど「戦争したくない」と総理が言えばそれだけで抑止力が低下して色んな揉め事が起きやすくなるんです。

安保法制に関して国会では野党が色んな質問をしてます。
その質問も一番大枠の日本をどう守るか?が抜けてて重箱の隅をつつくだけ。
「こんな記述だったらどう?」みたいなのに終始してて、子供が話してるのと一緒ですよ。
山本太郎が「日本の原発所にミサイル撃ち込まれたらどうなるねん!」
「そんな細かいことまで想定してません」
「おかしいやろ、想定してないでそんな安保法制やるのか?安保法制はすべて仮定してないといけないだろ!」
これ聞いてるとおかしいなと思います。
つまり原発にミサイル撃ち込まれたら大変困ります。
山本太郎は撃ち込まれたときの想定をしろというんだけど、その想定をするよりも原発にミサイルを撃ち込まれないようにするにはどうするのか?という事が大事なんですよ。
撃ち込まれた後に一生懸命どうやって被害を食い止めるか?ということよりも撃ち込まれないためにどうするのかを今頑張ってるわけですよね。

実は日本の原発というのは鉄筋コンクリート1メートル以上の厚さで覆われてるわけですよ。
ミサイルが1発や2発当たったってあのコンクリートは絶対打ち抜けないですよ。
アメリカが持ってる最新鋭のバンカーバスターでも1メートルのコンクリートを打ち抜くのは不可能ですから。
だから非常に難しいんです。
同じところにミサイルが1発2発3発4発当たっていかなければ原発壊れないんですよ。
しかも今のミサイルは高性能ですけどそんなにピンポイントには無理です。
ある街を撃つというのはいいですけど原発みたいに周囲数十メートルのところにピンポイントに撃つというのは今のミサイルではさすがに無理です。

自衛隊は年に1回、2発の爆弾の破裂実験をやるんですよ。
爆弾を破裂させてどれだけの被害が及ぶのかというのを公開でやってますから。
爆弾が飛行機から落とされると地上に一メートルくらい潜り込むんですね。
そして中でドンと爆発する。
そうすると大体直径10メートル深さ2、3メートルの穴が開くんです。
自衛隊はそこから50メートル離れた所にコンクリートの塀を置いてそこに自動車を置いたりテレビを置いたりしてどれくらいの被害が出るのかということをやってる。
そうすると50メートルくらい離れてるテレビは壊れないことのほうが多いですよ。
だから例えば我々がコンクリートの建物の中にいて外にミサイルが落ちた。
それで死ぬことは無いですよ。
ところがミサイルというと皆原爆と一緒だと思ってる。
そうじゃなくて原発に一発や二発のミサイルが当たったところで打ち抜けないし壊れません。
関連記事

コメント

非公開コメント