「経済対策28兆円超」低所得者向け給付延長へ

こういったニュースで一番大事なのは真水とよく言われるもの。28兆円超となっても要するに予算の前倒しであるとか利子給付であるとか、つまり「5兆円増やしますよ」と言ってもそれを増やすことが出来るようにするために「利子については減免します」とかそういう様な形で膨らませることが十分可能なんですよ。見せかけの金額を大きくすることは可能です。そうじゃなくて実際に財政支出を伴う、新規の財政支出の伴うものを真水と言...

大飯原発の地震動見直し不要、規制委

このニュース、まず何のことか分かんないでしょ?「使えない事を確認しました」って何が何に使えないのか?これ普通に分かりやすく言うと3.11福島原子力災害が今も続いてます。で、福島原子力災害の教訓を受けて今までの原発を動かす基準をもっと厳しくします。そのために経済産業省にあった原子力安全保安委はあてにならないからこれを解体して、経済産業省から外して環境省の下に原子力規制委員会を作りました。その事務をやるのは...

小池氏優勢、増田氏・鳥越氏追う。終盤情勢分析

世界が壊れていく。正確に言うと戦勝国が作った第二次世界大戦後の世界の秩序が今目の前で壊れつつあって、敗戦国であった日本の新しい責任が生じていてその中で「いや、安全保障、外交は自分でやらない。アメリカにお任せだ。だから日本国憲法も一字一句変えたくない」という変えたくない案はストンと纏まって、変えなきゃいけないという側は、これは世の定めですけど一旦四分五裂してる。ところが今その四分五裂が酷すぎて、それ...

政府、少女像撤去前に10億円拠出検討part2

財団を作る動きというのはもう止めようがないです。ここで日本が「財団作りません」と言ったら、国際社会は今韓国に対して不信の念がいっぱいだけど日本も同じ穴の狢になるから、財団を作るのに日本側が10億円の金を出さないという事はあり得ない。但し産経の記事だけには例によって書かれていたけど、財団の意味が違う、つまり村山政権の時の財団というのはあくまで日本がずーっと財団を運営して慰安婦という言い方、ハッキリ言っ...

政府、少女像撤去前に10億円拠出検討

日韓合意が現実のものになっていったのは去年の12月半ば過ぎくらいから急激にです。これはオバマ大統領の意志が非常に強くて、それでオバマから安倍総理も含めた政府中枢に直に伝わってきたのは「年が明けると朝鮮半島で何が起きるか分からない」と。アメリカの当時の分析では「金正恩の動きがあまりにも過激なので非常に不穏な情勢だ」と。で朝鮮半島有事になった時に前提になってるのは米軍はいわば股裂きになってる。何故かとい...

政府、沖縄でヘリパッド建設続行。反対派抗議

どうしてほしいの?返還しようとすると要らないと言う、すごい面積を返還するのに。返還するのは北部訓練所の半分くらいで、そこにヘリパッドがある。ですからそのヘリパッドをまだ使う部分に移して返還できるわけですけどこの工事がずーっとずーっと妨害されてる。続行して返還しましょうと言ってるのになんでそれに反対するんですか?「山を壊すな」って大家さんに言わないでください。ヘリパッドを移すだけだから。昔のヘリパッド...

陛下、早期退位想定せず。ご公務もこのペースで

あの報道は全く意味不明で真偽不明。NHKの報道を見ると天皇陛下が宮内庁関係者にお話になったという事が分かったと言ってる。じゃあその宮内庁関係者って誰だよ?そしてNHKはどうやって分かったんだよ?宮内庁長官も宮内庁次長も否定してます。これは国家公務員法第100条違反、つまり国家公務員の守秘義務違反に該当すると思います。上司である宮内庁長官の許可を得ずに天皇陛下の私的なお言葉をメディアに漏らした。誰だよ?どうやっ...

NHK遮断装置は通用せず、受信料支払い命令

法律的な解釈云々以前にここまでお金をかけて払わない様にするというのは凄いです。NHKの受信料より遥かにお金掛かってると思うんですけど、だから相当な決意と覚悟ですよね。お金の問題じゃないんですね、この人にとっては。信念です。すごく気持ちが分かるのはやっぱりNHKの番組というのは問題多いですよ。本当に多い。問題があるという事を指摘して訴訟になっている例もあるけど結局編集権の裁量範囲という事で、何が偏向かとい...

ヘイト審査会を初開催、抑止条例施行の大阪市

大阪には在日朝鮮人、韓国人が多くてコリアンタウンなんかもあるんですが実際にそういうところで酷い事もあった。子供たちに「朝鮮人死ね」とか「お前たちを絞め殺してやる」という酷い言葉を使う。これは当然言ってはいけません。ただこれを条例にして、法律の専門家でもない第三者がこれを審査するという事になってくると、これは法の拡大解釈がどこまでも行われる可能性がある。国会でもヘイト条例の議論してますがそれも非常に...

都知事選、小池氏優勢。増田・鳥越氏が追う

今回は浮動票がカギですから組織選挙になった時にはマスコミの票読みは固いんだけど、浮動票が決する大きな要因になると予想は難しいです。今回は舛添さんのああいう形での辞任の後の選挙なので各候補とも準備が無い。結局知名度。「政策論争をしてくれ」とメディアは言うけど政策論争そのものが今回の都知事選挙ではテーマになりそうでなってない。どういう事かというとやっぱり東京都というのは一自治体ですよ、いくら大きくても...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。