無農薬は付加価値が付くと言われてる

なんで価値が付くんですか?それは新聞の間違った情報でそう思ってるんじゃないんですか?だって農薬も自然のものなんですよ。農薬という名前が付くといけないんですかね?農薬という名前が付けば人間の健康に悪い影響があるという考え方は僕は絶対反対です。そんなのは科学的じゃない。人間の体に影響を与えるものが良くないんです。農薬にそういうものがかつて多かったというのは認めますよ。だけど今そうなんですかね?今農薬で体に...

抵抗したら殺せ、北朝鮮拉致指令の動かぬ証拠

東京新聞というと中日新聞系ですけど四大紙から見れば少し小さい新聞社ですけどこのごろ朝日とか読売が大ポンコツでもうどうにもならなくて読まない方がいいという様な新聞になっちゃったんで東京新聞がこういうスクープを出すというのはまさに新聞社ならでは。学者は表にでてきたものを選りすぐるしかないんです。だけど新聞社やテレビ局は取材という事が可能ですからやっぱりもう少し踏み込んで取材をしてほしい。これを見てる方...

「13%が援助交際」発言、抗議受け撤回

事実上撤回したからああ良かったねという話では全く無い。慰安婦に関しても報告書が独り歩きしてるし、2000年代に入ってから日本に調査と称して来られた方が「日本には大変酷い民族差別がある」という事を報告書に書く。そういったことがベースになって様々な事が展開していく。今回は日本の世論が騒いだから事実上撤回になったんだけど今までこんなこと分かりもしなかった。いつの間にか調査に来て報告書が出てそれがどういう風に...

前原氏、岡田代表に民主の解党申し入れへ

来年夏の参議院選挙を意識した動きですね。大体選挙戦が近づいてくるとこういう合併だ合流だ新党結成だという動きになるんですよ。そもそも解党、新党結成の大義名分って一体何なんですか?選挙に勝つためというのが最優先のテーマになってしまうと選挙が終わって内紛が始まってまた分裂したり仲違いが始まってしまって一体何のための新党結成だったの?という事に必ずなるんです。ですから選挙に勝つためという事だけで解党を申し入...

本来の愛国心

僕は愛国者ですが日本の社会の嫌なところは十分味わってます。日本がいい国だから愛してるんじゃなくて日本に生まれたから日本の父祖のおかげで私の命があり育てられたので愛国者です。あなたにも現実に最高の人って言える人が居るでしょう。そうでなくても一緒に仕事してたらもちろんマイフレンドですよね。オリンピックの歴史考えてくださいよ。1964年の東京オリンピックがどれほど清潔なオリンピックだったか?それをひっくり返...

コインランドリーが進化中

科学の進歩で新しい社会が開ける。例えばスマホ。科学が進歩しなくても工夫によって新しい世界が開ける。大体コインランドリーと聞くとまず女性が行けない。気持ち悪い。変な臭い男が居て下着なんか洗ってるから。ところがコインランドリーの最近の傾向は主婦が多いんですよ。色んな理由がある。一度に全部乾燥までやってくれる。昔のコインランドリーは洗ったところから全部出してそれ持って行って向こうに入れてたけど最近は一緒...

国連「核廃絶」決議採択。保有国は反対、日本棄権

国連には4つの核廃絶決議が出ます。一番中心なのは残念ながらオーストリアの「核をとにかく廃絶しよう」という提案です。日本の提案はケチなもので「広島長崎を見学しよう」というものだったんです。日本のマスコミは重要な方を報道しなかった。重要な方はオーストリアの核廃絶決議なんですよ。保有国はもちろん反対しました。日本は棄権しました。その理由は整合が取れないとかくだらないこと言ってましたが要するに日本はアメリ...

早大、小保方氏の学位取り消しへ

今の報道はほとんどほんとの事は報道しません。だから報道されてるから小保方さんがどうしたという事は分からない。自分が実際に接したこと。論文はなかなか立派だった。これはもちろん今でも変わりません。論文自体は立派でした。「なるほどな、初期の細胞じゃなくてもある外部的な刺激を与えれば初期の状態に返る可能性もあるのかな?」と思いました。そういう風に思える学問的価値はありました。博士論文に関してですが、学校に...

中一自殺、保護者会で校長が謝罪

保護者の気持ちは分かりますが、言ってる事は保護者の責任を回避した酷い言い方です。「中学生は大人に相談できない」。一体何を言ってるのか?もともと日本では何が間違ってるのかというと文部省が学校を作りそこに子供を出すという認識。こういう認識で居る国は先進国では日本だけです。他国はどういう考え方かというと「本来子供は親が教育するんだけど親だけでは不十分なので親が先生を雇って学校を開く」というのが筋です。よ...

米NY州の原発閉鎖へ、シェール普及で採算悪化

この記事は日本で原発をやるべきかやらないべきかの思想問題の参考になる。アメリカはそうじゃなく良い悪いは別にして安いか高いかというビジネスで考える。原発はいい勝負なんです。石炭とシェールと原発のコストは似たようなものなんですよ。まあどっちでもいい。ある資本家は「原発で行こう」と。ある資本家は「石炭で行こう」というくらいの差なんですね。だからそこに政治的思想的な力が入らなければ原発をやらなければいけな...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。