難民ら欧州流入50万人越え

ここへきてハンガリーは難民の受け入れを強硬に拒むようになった。これに対して国連の難民高等弁務官からハンガリーに対して警告が発せられた。「難民と呼ばれてる人たちは犯罪者じゃないんだ」と。要するにやりすぎだよって事なんです。これに対してハンガリーの首相は「イスラムの勢力から欧州のキリスト教社会を守るんだ」ということまで明言してしまってるんですよね。もともと旧東欧諸国と言うのは難民の受け入れに対して消極...

日本国債1段階格下げ

これってニュースですか?一民間企業の格付けをわざわざ大きく取り上げる。特に新聞なんかは各紙大きく取り上げる。これってニュースか?僕に言わせれば「どこどこのレストランはぐるなびで五つ星から四つ星に下がりました」。これをわざわざ新聞記事に書いてるのと一緒じゃないのかな。これはどういう意味を持つのか?「将来的に日本国債が返済不能に陥る確率はこの程度ですよ」という様な事を言っただけであって、ハッキリ言って格...

安保法案、参院委可決

三文芝居だなあ。あれなに?要するにセクハラだっていう冤罪を作り上げようという作戦?だってちょっと体が触れたら「セクハラだ」って騒ごうという事であそこにいるわけでしょ。もうあまりにも次元が低すぎる。今回のドタバタは外国メディアも結構伝えてるんですよ。さすがにピンクの鉢巻き隊の事はあまり伝えてない。これがもし世界中に伝えられてたら恥ずかしくて、日本人として大手を振って中々外を歩けないぐらいの話ですよ。そ...

根室沖で外国機が領空侵犯、ロシアか

プーチン大統領はあくまで年内に日本に来たいと言ってる。その時にプーチン大統領としては「北方領土の交渉もしたい」と安倍さんに直接申し入れてて、来たいからこそこうやって脅しを掛けてくるんですね。そのうえで領空侵犯、これは一体何か?領土って要するに土ですよね。その周りに領海がある。領海があってその外に排他的経済水域がある。その向こうが公海、公の海ですよね。領空と言うのは領海から上に立ち上げた所を言うわけ...

新エンブレム準備会に東京芸大学長ら6人

このニュース聞いて納得する人がどれだけ居るんですか?新しいものを立ち上げると言いながら責任がいまだに不明確なままなんですよね。エンブレムと国立競技場と二つ大問題を起こしたんですよね。大問題起こして、汚れを綺麗にしてかつての1964年の東京オリンピックが清潔なオリンピックだったような2020年になってほしいと思うんですがその前に責任を明らかにしなきゃいけなくて、文科大臣は10月の内閣改造で交代です。それはもう...

阿蘇山、噴火警戒「レベル3」続く

最近火山の噴火或いは噴火につながるような地震が多い。スマトラ島沖の大津波になった地震から以降、地球全体が活動期に入ってて当然日本は近いという事もあって日本列島全体が活動期に入ってるって事と、福島原子力災害を起こした大規模な地震による影響が続いてます。あれからたった4年ですから。僕たちにとって4年というのは決して短くないけど、地球規模宇宙規模のタイムスパンで考えるとまだほとんど時間たってないんですよ。...

参院特別委、開かれない状態続く

こういう論争になるような法案があると日本の国会では昔から、この時は廊下を野党議員が占拠して物理的に与党議員が入れない。特に特別委員会の委員長の鴻池さんが入れないと言う状況で審議できないって事になってるわけですよね。国会と言うのは審議するのが仕事であって、何故一番審議しなきゃいけない論争の多い法案に限って審議できなくなるのか?安保法制に賛成の方も反対の方も、この国会を見て「これでいい」と言う人はまず...

茨城県洪水被害、自衛隊に賞賛の声

この判断力、咄嗟の決断はすごいと思います。電信柱にしがみついてた方は、いつ流されてもおかしくなかった状態ですね。もう一人の方は、大きな家があって屋根の上に居る。一見どう考えても屋根の上の方が安全で、電柱にしがみついて今にも流されようとしている男性の方が危ない。普通は何も考えずに電柱のほうに行くと思うんですが、現場の指揮官は状況を見て「家の方が危ないだろう。だからこっちの方を優先する」と言って結果と...

14日に海洋放出へ、第一原発サブドレン計画

この記事は共同通信が東京電力に配慮して東京電力の言い方を使ってるって事ですね。サブドレン計画って言ったって何言ってるか国民は分かりませんよ。汚染水を海洋に放出って言わないと。こういう東電側の専門用語を使って国民を騙す記事を書くな。これは初めて汚染水を意図的に流すということですね。環境規制と言うのは二つになってて濃度規制と総量規制があります。総量規制と言うのはつまり全体でこのくらい流しちゃいけません...

堤防がなぜ決壊したか?

今の時代だとこういう洪水は非常に異常な事態だと思いますが、川と言うのはもともと氾濫するように出来ていると言っていいわけですね。この頃雨の降り方について気象庁の言い方が非常に悪くて「一日に一か月の雨の何倍だ」と。元々雨と言うのは一か月にトータル三日分くらいしか降らないんですよ。例えばその日に4時間降る。このペースが6日続けば一日分になりますね。ですから日本の雨と言うのは時間としてはそれほど多くないんで...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。