テレビは最早日本におけるファシスト

どのくらいの時点で豊洲に移れるのか?あちらの人の感覚だと後二年くらい掛かりますよ。だからね、一旦止めるって事の恐ろしさですよ。こういう事を政争にしてしまったツケをやっぱりご自身でも重く受け止めてほしい。僕は嫌ですよ、そういう事に一般会計を使われるのは。築地の人たちに保証するのは当然だと思いますけど、それこそ小池さんが個人で被ればいい。何か僕が石原さんを個人的に好きだから庇ってるんだろと言う人が居る...

一体朝日新聞ってどこの新聞ですか?

朝日の論説主幹の大野という人が「今そこにある緊急事態」というテーマでコラムを書いてる。日付は2016年2月14日。この一か月前には北朝鮮の水爆実験があり、このコラムの一週間前の2月7日にはテポドンが発射された。この時点で核搭載も間近だと言われてる。さらに前から続いてますが南沙に中国が出て飛行場を作り、しかもこのコラムを書いた二日後にはそこにミサイルを配備したのも確認されてる。まさに今そこにある緊急事態とい...

「ニュース女子」独自に検証番組公開

ユーチューブにアップされてるこの番組を見ました。非常に良い番組。これを見れば恐らくBPOはもう何も言えません。BPOはニュース女子に対して「沖縄ヘイトじゃないか?捏造があったんじゃないか?」という疑義をいくつか挟み、それに同調するように朝日新聞や左翼のマスコミが一斉に「ニュース女子は捏造番組である」と大攻撃しましたけどそれに対する答えとしての番組が放送された。恐らく左翼マスコミは何も言えないでしょう。完璧...

BPOの意見書

この度BPOが選挙報道を巡って意見書を出した。意見書の骨子を見ると放送法第四条が明確に議題に載ってます。まず多くの方に知ってほしいのは放送法第四条の「放送法事業者は政治的に公平である事。そして論点の別れる問題に関しては多角的な論点を提示する事」。これは従来全く無視されてきた法律。放送事業者によっても無視されてきたし放送に関する研究者、アカデミシャンやBPOも「放送法という法律はあれども無きがごとし」、つ...

ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ、米大統領

また喧嘩してるんだというニュースに見えるけど実は結構根が深い話で、この間グラミー賞が発表されたんですがその時に受賞した一人のイギリス人のアデルという歌手は自分の歌を熱唱しただけだけど、ノミネートされた人の中には腕章を巻いてたり、つまり一種の主張を続けるという意味の英語を書いた腕章を巻いてたり、ヒラリーさんそっくりの衣装で出てきたり、それがトランプさんの抗議になるのかなあ?どう見てもトランプさんへの...