欧州大寒波、ポーランドで氷点下20度下回る

日本でほとんど報道されません。何故か?これは地球温暖化を言ってる人たちには非常に都合の悪い話なので隠したい。この間オバマさんが「地球温暖化を止めるためにやらなきゃいけない」とパリ協定で言ってましたが、このニュース見て誰が地球温暖化を信じますか?過去300年くらい地球は暖かかったので、別に人間の産業活動とはあまり関係無いと思う。10年くらい前から地球は寒くなってて、国連の地球温暖化説も科学的にもう持たない...

2015年を振り返るその4。鬼怒川決壊12人不明、濁流救助待ち690人

19の河川で堤防が決壊し、67の河川が氾濫したという大きな被害があった。特に常総市は市の三分の一が浸水してしまった。後から色々問題点が言われてて例えば国交省が堤防の整備をちゃんとやってなかったとか太陽光パネルを設置したところの自然堤防が低くなっていてそこから水が溢れたとか行政の対応が良くなかったとか色々問題点はあるんですが毎回それはどの災害でも言われてる事です。いつも思うのはもちろんこれらを次に生かす...

北海道内暴風。1人転落死16人怪我

急速に発達した低気圧が北海道内に最接近しました。全道で16人が負傷しました。この最中、女満別空港から網走の近くで飛行機を降りてそこから北海道の真ん中の旭川のほうに2時間20分で車で行ったところに降りた人が居ます。白滝町、合気道開祖の植芝盛平先生が育ったところです。そこに降りた人が居てその人は次の日に飛行機で東京に帰ってこなきゃいけない。そこのホテルのテレビを見るとウワアアアアって雨風が吹き荒れてる...

堤防がなぜ決壊したか?

今の時代だとこういう洪水は非常に異常な事態だと思いますが、川と言うのはもともと氾濫するように出来ていると言っていいわけですね。この頃雨の降り方について気象庁の言い方が非常に悪くて「一日に一か月の雨の何倍だ」と。元々雨と言うのは一か月にトータル三日分くらいしか降らないんですよ。例えばその日に4時間降る。このペースが6日続けば一日分になりますね。ですから日本の雨と言うのは時間としてはそれほど多くないんで...

口永良部住民、一時帰島

僕に言わせれば気象庁全く信頼できない。温暖化してるなんて書いてる。だから気象庁が信頼を得るためには、まず気象庁がお金に係わらず自分が儲かるか儲からないかに係わらず、政府の政策とも離れて科学として情報を流さないと。そうすれば僕らも従える。だけども温暖化で見られるように、ここ17年間気温上がってないのに気象庁のページは温暖化で一色だし北極のことは書くけど南極のことは書かなかったりするので、僕は今の気象庁...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。