人口減さらに加速、出生率1.42

動物の妊娠という問題は政策的にはどうにもならないと思う。というのは動物の妊娠というのはものすごくいろいろ考えて雌が妊娠する。例えば男と女の比率だけを話すと受胎するときの男と女の比率は男が多い。これは流産の比率が男のほうが多いから。産まれてくるときには男1.02女1.00で産まれてくる。どうしてかというと二十歳になるまで交通事故の比率が男性のほうが多い。そこで死ぬ分を計算して生殖年齢で1対1になるようにする...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。